【菊花賞2019】予想|枠順確定後の最終見解等

菊花賞2019予想と最終追い切り枠順確定後の最終見解について書いて行きます。

今年の菊花賞前日となりましたが前日オッズではヴェロックスが想定通り1番人気。

2番人気がルメールの影響かニシノデイジーとなっております。

そして順当に3番人気がワールドプレミアですがスミヨンの影響でヒシゲッコウまでが単勝10倍を切るオッズに。

実績では抜けているヴェロックス。

しかし距離不安の影響かグリグリの1番人気という訳ではない。

オッズ的にも今年の菊花賞は妙味がありそうだし一発の魅力はある。

確実に仕留めたい1戦ですね。

それでは最終的に注目馬に見解についての見解になります。

“【菊花賞2019】予想|枠順確定後の最終見解等” の続きを読む

【菊花賞2019】予想|一週前追い切り後の見解等

菊花賞2019予想と一週前追い切り後の見解について書いて行きます。

今年の秋華賞は春の実績馬がワンツースリーという決着になりました。

菊花賞の方もダービー馬ロジャーバローズ不在の上神戸新聞杯を圧勝したサートゥルナーリア不在。

推し出されるようにヴェロックスが1番人気という様相の1戦です。

秋華賞同様春の実績馬が上位に来るのかはたまた秋華賞とは違い夏の上り馬が台頭して来るのか?

舞台は京都3000という事でスタミナも問われる舞台。

今年の牡馬路線は牝馬に比べ混戦模様の中安定株と言えばヴェロックスしかいない。

そこに神戸新聞杯で上り最速を繰り出したワールドプレミアが距離延長で逆転出来るかどうか?

ここが予想の中心になりそうですが神戸新聞杯はあくまでも前哨戦。

そこも踏まえて最終結論を導き出したい所。

それでは有力馬を中心に一週前追い切りについて分析してみたいと思います。

 

秋華賞の方はもっと馬場が渋ると想定した1戦だったので思っていたよりも相当良馬場で行われました。

結果的にはほぼ良馬場という中で力がある馬がそのまま上位という結果になったと思います。

個人的には全く見当違いの結果になってはしまい非常に残念ではありましたがおそらく菊花賞はまた違う結果になると考えてます。

ヴェロックスは明らかにここに入れば強いですが他が不明過ぎるのが秋華賞との違い。

そもそも今年のダービーはリオンリオンの暴走によりペースが崩壊した為サートゥルナーリアは撃沈し絶好位を確保したロジャーバローズが勝利。

サートゥルナーリアは神戸新聞杯で改めて力を示した形になったのだがダービー2着ダノンキングリーは菊花賞に出ずサートゥルナーリアも不在。

唯一地力上位ヴェロックスのみが出走となった。

こうなった時点で春の実績馬が秋華賞よりも圧倒的に少ないメンバーでの1戦になったという事。

秋華賞に比べ他馬にチャンスが生まれる菊花賞になりそうだ。

そこで今年の菊花賞においてどうしても狙いたい1頭がいる。

様々な要素を考えた時に好走するならこの舞台だ、という馬がいるんだ・・・

 

ヴェロックスを逆転するのはワールドプレミアじゃあない。

別にワールドプレミアがヴェロックスを逆転してもいい。

その1頭先にこの馬がいれば勝利なワケだからだ。

根拠はある。

この馬の走りをずっと見て来て好走、凡走の内容を考えた場合チャンスがあるのは今回しかない!と思えるから。

お前さんと一緒に戦おうと思っている。

菊花賞2019一週前追い切り分析

ヴェロックス

10月10日栗CW良 強め

81.7-66.3-51.4-37.9-11.8[7]

強めに追ってコース取り時計共に前走より優秀。

神戸新聞杯以上の状態でまず間違いない。

自己ベストがダービー時なのでそれに比べればという感じですが十分。

 

ワールドプレミア

10月9日栗CW良 一杯

82.2-66.7-52.5-39.0-12.4[5]

時計的にはそこまで速い訳ではないが一週前に鞍上を背にビッシリ。

実質これが本追い切りと考えて良さそうだ。

最終はいつも通り坂路の可能性が高い。

おそらく前走で仕上がっていた為に調整程度だろう。

この馬は神戸新聞杯で権利を獲らなければならない1戦だった。

前走時維持とみて良さそう。

 

ニシノデイジー

10月9日南W良 一杯

67.6-53.5-39.4-12.3[5]

一週前ビッシリ追って気合入れたイメージ。

これでセントライト記念以上のパフォーマンスは期待出来るだろう。

今回は非ノーザン系のこの馬にルメールが騎乗する。

そもそもホープフルステークスではサートゥルナーリアと好勝負を演じた馬。

そしてダービーでも5着。

状態は上がっているので侮れない1頭になりそうだ。

 

ヒシゲッコウ

10月10日南W良 一杯

68.3-53.7-38.6-12.3[6]

特別速い時計ではないがこの馬自身という感じ。

札幌で賞金加算し菊花賞を狙って来た上り馬。

スタミナは札幌で示した通り長丁場が合うタイプ。

しかもここまで4戦全て上り最速の上、鞍上はスミヨン。

今回のダークホース候補の1頭。

このメンバー相手にどこまで通用するのか注目の1戦。

 

ホウオウサーベル

10月9日南W良 強め

82.5-66.4-52.2-38.5-12.3[4]

この前にもビッシリ追って自己ベストをマーク。

追い切りでは好時計を出して来た。

春は重賞で結果を出せなかった馬だがここ2戦は連勝。

しかも2戦共に強い競馬で2勝クラスはアッサリ突破。

ひと夏を超えて明らかに力を付けたのは明白。

スタミナはあるので強力メンバー相手に今回どこまでやれるか?

 

ザダル

10月9日南W良 馬なり

83.5-68.6-54.1-40.1-12.9[7]

馬なり主体ではあるがこの馬なりの時計をマーク。

自己ベストに迫る好時計を出している。

セントライト記念は重馬場でどうかな?と思いはしたが力でカバー出来た感じ。

良馬場の方が良さを発揮出来るのは間違いないので菊花賞は馬場が良ければ。

この馬ももう一段相手が強くなる1戦でどこまでやれるか注目。

 

レッドジェニアル

10月9日栗坂良 強め

54.6-39.5-25.3-12.3

一週前は強めで前走以上の時計をマーク。

自己ベストまでとは行かないが目論見通り叩いて良化したと考えて良い。

神戸新聞杯以上のパフォーマンスが期待出来そうだ。

今回は得意の京都へ舞台替わり。

ここでダービー、神戸新聞杯の巻き返しを狙って来るか?

 

サトノルークス

10月9日栗CW良 馬なり

82.3-66.9-52.5-38.4-12.2[7]

馬なり主体ではあるが前走時並みの好時計をマーク。

状態を維持していると見ていいだろう。

陣営が常々言っている通り完成形にはまだ時間がかかるとの事。

それでもセントライト記念で2着に入った通り春に比べれば力を付けたのは確か。

内枠に入ってラチ沿いを活かせる競馬が出来れば面白いかも。

ただし鞍上は福永なので内枠がプラスかどうかは何とも言えない・・・

 

と有力馬を中心に一週前追い切りについて分析してみました。

さてさて。

今年の菊花賞はどこから入りますか???

実績断然のヴェロックス?

それとも距離が伸びて逆転候補のワールドプレミア?

もしくは穴馬から一発狙って行くのか?

この年齢で3000mは余りにも未知数なので距離に関しては正直何とも言えない所ですよね~。

それこそ昨年の菊花賞のように残り400m頃までほぼ競馬をせずに回るだけ。

そして4コーナーから直線のみの勝負で終わってしまう。

メンバーがメンバーなだけに難解な1戦となりました。

 

個人的には一発狙って行きたいと思っております。

秋華賞が不発に終わった分菊花賞でキッチリ回収して行く。

枠と天気次第ですがほぼ揺るぎない軸で攻める。

それでは一週前追い切りで注目の1頭をランキングの方で紹介しておきます。

注目馬 人気ブログランキングへ

 

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
最先端の情報分析で菊花賞を丸裸にする!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

得意分野を追求した予想のプロ集団!

究極の情報を無料公開!!

【菊花賞】

更に、只今ご登録頂くと、

土曜・日曜(各一鞍)厳選された
『3連単+3連複』情報を
毎週末・完全無料【¥0円】でご提供。

>>無料予想を受取る<<

※お早目にご登録ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドでは、最終精査部門は
外部の予想師/専門家と契約!

その徹底したコンセプトにより実現した
次世代型「複合投資競馬」 を実感下さい。

投資競馬が特化しているのは資金を増やし

上のランクで生活する事です。

チャンスは今週の菊花賞。

当サイトの無料情報をぜひ体感下さい。

これ以上は言いません。

チャンスは今週の菊花賞のみです。

無料情報の精度を一度体感してみて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■近走的中実績の一部がこちら!
10/08・浦和09R     139万8900円的中
09/29・中山01R     19万4500円的中
09/24・船橋02R     93万600円的中
09/16・中山01R     211万600円的中
09/08・中山03R     48万9700円的中
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の勝負レースは【菊花賞】

▼ハイブリッド 無料登録はこちら▼

【秋華賞2019】予想|最終追い切り後の見解等

秋華賞2019の予想と最終追い切り後の見解について書いて行きます。

台風の影響が懸念される2019年秋華賞ですがまずは無事開催に期待したい所。

今年の3歳牝馬路線において桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユー不在の秋華賞となりました。

その中でも今年の秋華賞で1番人気濃厚なのはローズSを地力で勝利したダノンファンタジー。

しかし舞台は京都2000mです。

ビーチサンバ騎乗福永騎手もコメントで出していた通りですが

「ワンターン2000mとツーターン2000mは違う」

との話通り3歳牝馬としては未経験のコース形態であったり距離適性も未知数な馬が多数。

それに加え人気所は春の実績馬が上位というレースであり1番人気の馬がそう易々と勝てないレースでもある。

オークスの頃はまだ能力値の比較で凌げていた距離適性はこの時期になるとハッキリしつつあります。

そこは同世代同士のG1だからこそとも言える。

2歳時からのレースを観て距離が伸びて良さそうな馬やベストはマイル前後だろうという馬がごまかしが効かなくなって来る時期だからこそ1番人気がそう簡単に勝てないレースだと言えると思います。

 

そして桜花賞やオークスは秋華賞に比べ直線の長い外回りで行われるという点や前哨戦であるローズSも阪神外回り。

 

基本的に瞬発力を求められる舞台がここまで続いて来ているのですが秋華賞は違います。

京都の2000mで求められるのは瞬発力よりも機動力。

一瞬の脚で抜け出す力よりは持続性のある脚を使える馬が活躍する舞台です。

 

ローズSにおいてダノンファンタジーが繰り出した上り33秒1は相当速い。

あのパフォーマンスを見れば誰しもダノンファンタジーがここでも強いと思うのは間違いありません。

確かに強かった。

 

しかしローズSの時も僕の見解では「ダノンファンタジーのベストはおそらくマイルまで」

で阪神1800m強い競馬をされ残念ながら馬券をハズしてしまったのですが秋華賞は更に求められる適正が違う為に今一度ダノンファンタジー頭は無いという見解で攻めて行きます。

その理由としてはおそらくこの馬にとって今回京都2000m頭で来る確率は相当低いだろうと読んでいる為。

 

後は台風の影響が懸念される所。

良馬場を求めはしないがせめて稍重で開催してくれたら本命は揺るぎないのだが・・・

という事で長々と書いてしましましたが秋華賞なので予想にも気合入りますよ自然にw

凱旋門賞でも日本馬をバッサリ切ってエネイブル、ヴァルトガイスト、ソットサス、ジャパン

ジャパンが来る展開だけマジカルを3着に抑えるという馬券で勝負しながらも全く儲からなかったので秋華賞はさすがに大本線で決着を付けたい!

頼むから稍重程度の馬場で・・・

 

それならば自信度☆☆☆で攻めれるだけの1戦だ!

 

秋華賞2019最終追い切り分析

ダノンファンタジー

10月9日 栗CW良 馬なり

51.5-36.7-12.0[8]

一週前芝馬なり。

最終CWで川田を背に単走馬なり。

おそらく前走で調教は仕上がっていたからこその緩い調整。

パフォーマンス云々は前走時と変わらずで叩いた実践が上積み。

 

クロノジェネシス

10月9日栗CW良 馬なり

83.1-66.7-52.5-38.2-11.9[6]

一週前に比べたら明らかに良いと思います。

オークスからぶっつけなのはこのメンバーに入ったらいくらなんでもマイナス。

ノーザン系とはいえ他有力馬もほぼノーザン系なだけに・・・

 

コントラチェック

10月9日美坂良 馬なり

55.5-39.5-25.4-12.3

中間含めオール馬なり調整。

藤沢&ルメールで人気の1頭ですがそもそも強いのか説。

勝ち鞍フラワーカップが限界の馬ですから。

 

カレンブーケドール

10月9日美坂良 馬なり

52.1-37.9-24.6-12.3

前走も良かったと思いますが今回の方が良し。

間違いなく叩いて良化。

この馬よりもコントラチェックが人気だったら意味がわからん・・・苦笑

前走以上は間違いないので京都と重馬場をこなせるかだけ。

 

ビーチサンバ

10月9日栗CW良 一杯

81.8-65.4-50.8-37.3-12.3[3]

コース取りを考慮するとそこまで優秀とは言えないが前走以上です。

ローズSの内容が前に行けた事が収穫だと思うし秋華賞なら福永。

厩舎も前哨戦と本番の使い分けが秀逸なので軽視は出来ない所。

前哨戦よりも本番の方が怖い存在かも。

距離だけですかね問題は。

 

パッシングスルー

10月9日栗坂良 一杯

54.5-39.3-25.5-13.1

美浦の馬ですが早め栗東入り。

時計が示す通り坂路で目立つ時計ではない。

そもそも調教の時計が速い方ではないので初栗東坂路はこんなものかも。

 

サトノダムゼル

10月9日南W良 馬なり

53.6-38.8-12.5[7]

堀厩舎馬なりでこの時計なら速い方だと考えて良いだろう。

今回格下なのは間違いないが前走以上と言えるのは間違いない。

この世代期待馬の1頭であるサトノダムゼルが無傷で王道路線への挑戦。

この馬の取捨が面白くなりそうです。

状態は明らかに前走以上。

 

という事で今年の秋華賞有力馬最終追い切りについて書いてみました。

調教、追い切りについてはこのクラスになると横の比較よりは縦の比較重視で間違いありません。

単純な時計重視は危険なので自分が狙っている馬の状態がどうなのか?を考えるべきです。

 

それでは有力馬の中で明らかに追い切りが良くなったと思う1頭をランキングの方で紹介します。

注目馬 人気ブログランキングへ

 

【競馬最強Teamがついに結成!】

東と西のスペシャリストが最強タッグを組んだ!

これほどまでに当たる理由は明白!

 

それは美浦、栗東分析班の結合だからこそです。

 

2019年競馬予想にて全く新しいTopTeamの秋華賞予想を今週限り無料で提供させて頂きます!

 

<無料登録は簡単です!>

⇒無料で秋華賞の予想を見る

【凱旋門賞2019】予想|有力出走馬分析や日本馬の評価など

凱旋門賞2019の予想を中心とした記事です。

何と言っても今年の凱旋門賞で大注目はエネイブルの3連覇なるか?

という所でしょう。

今現在12連勝中という怪物牝馬エネイブルに対し日本から挑むのは

ブラストワンピース、フィェールマン、キセキの3頭になります。

上記の馬達は今現在日本競馬トップクラスの馬。

毎年の事ではありますが日本競馬界の期待を背負っての出走になります。

迎え撃つのは当然海外の強豪馬達。

世界一の競馬の祭典なだけに日本馬にとってもそう簡単なレースではありません。

2019年凱旋門賞で上位争いをするのは一体どの馬なのか?

予想オッズを元に出走馬分析へ行きたいと思います。

“【凱旋門賞2019】予想|有力出走馬分析や日本馬の評価など” の続きを読む

【スプリンターズステークス2019】予想|有力馬分析等

スプリンターズステークス2019の予想を中心とした記事になります。

いよいよ秋のG1が始まる時期になりましたね!

1200では安定した成績を残しているダノンスマッシュを中心に、

前走レコード勝ちのタワーオブロンドンや、中山巧者モズスーパーフレアらが出走してきます。

ここから続いていくG1に向けていい流れをつかんでいきたいところです。

では、有力馬見解を中心に予想の方にうつっていきましょう。

“【スプリンターズステークス2019】予想|有力馬分析等” の続きを読む

【オールカマー2019】予想|雨予報でクレッシェンドラヴが浮上する

オールカマー2019の予想を中心とした記事です。

いよいよ秋のG1に向けて古馬勢も前哨戦を迎える時期になりました。

レイデオロは昨年同様ここから秋の競馬を始動します。

抜けた1番人気になると思いきや今が充実期のウインブライトと人気を分ける形のオッズに。

ウインブライトは得意の中山な上、QE2世Cも強い競馬で勝ち切った。

ここも連勝するなら国内のG1制覇も見えて来る2戦になると思います。

果たして2強で決まる1戦なのか?

それともミッキースワローや他馬が割って入る1戦になるのか?

最終結論と共に書いて行きたいと思います。

 

オールカマーは秋の有力馬が始動戦にする事が多く基本的に堅い決着が多いレース。

ここ3年の結果も

【2016年】

1着1番人気ゴールドアクター
2着3番人気サトノノブレス
3着6番人気ツクバアズマオー

【2017年】

1着5番人気ルージュバック
2着1番人気ステファノス
3着3番人気タンタアレグリア

【2018年】

1着1番人気レイデオロ
2着3番人気アルアイン
3着2番人気ダンビュライト

 

以上のような結果です。

昨年に至っては1~3番人気の決着。

今年は10頭立てという事もあり昨年のような結果も考えうる。

しかしあくまでも秋のG1に向けての緒戦。

一昨年◎ルージュバックから大本線で獲ったレースなだけに今年も点数を絞りつつキッチリ当てて行きたい所だ。

 

いきなりですがみなさん。
競馬予想においてこんなことないですか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これらを解決するのが今回ご紹介する「勝馬の栞」です!

元競馬エイトトラックマン「高橋績」氏監修のもと、エージェント、生産関係者、外厩スタッフ、造園関係者などから最高良質の情報を入手しているんです。

 

実際、このような馬券を毎週のように的中させかなりの指示を集めているわけです!

 

はっきり言って競馬は情報だな・・・と勝馬の栞を利用すればまじまじと思わされますよ(笑)

なんにせよ、これだけ「当たる」というのがこの勝馬の栞の強烈な武器。

なぜこれだけの的中を出せるのかはやはり「究極の情報」なんですよね。

ホントに?

そんな風に思われる方もおられるかもしれませんが、まずは無料なので試してみてはいかがですか?

きっともっと早く登録しておけばよかった!と、後悔するはずですよ。

無料登録はメールアドレス入力だけで簡単なので是非試してみてください!

 

それでは上位人気馬の見解へ行きたいと思います。

 

ウインブライト

香港のレース以来の1戦になり今や海外ではG1ホースという称号を持っている。

当然ながら今この馬が目指しているのは国内のG1制覇。

今のこの馬の充実度なら十分チャンスはありそうだ。

ここも叩きである事は濃厚で仕上げとしてはおそらく80%程度。

しかし一週前に松岡が調教に騎乗し好時計を出しながら動きも良。

良い脚を長く使えるタイプの馬でスピードに持続性があるのは中山で好成績を収めている証拠。

今回のポイントは2200という条件になりそうだが今のウインブライトならアッサリこなせても驚かない。

特に今回は少頭数の1戦で実力とコース適正がモロに影響しそうな感じ。

人気馬の中では最も大崩れが無さそうな1頭だと思う。

 

レイデオロ

昨年の勝ち馬ではあるが今回の鞍上が福永というように叩きである事は明白。

ルメールが天皇賞・秋でこの馬に乗れないという事情も影響し天皇賞・秋までは福永が継続かも。

京都記念でバルジューがダントツ1番人気のこの馬で3着という結果になりましたが乗り難しい点があるのかも。

中山でも好走出来てはいるが過去のパフォーマンスを考えると東京や阪神のように、

直線が長いコースで瞬発力を活かす競馬の方が合っている。

全弟のレイエンダ同様掴み所がない馬で条件が合わないと凡走する事はこの馬の戦績が示してる通り。

この条件だとウインブライトの方が上か。

ここを叩いて天皇賞・秋で再戦という事があれば逆転まであり得るだろう。

 

ミッキースワロー

中山2200では3走し複勝率は100%。

中山の坂で加速出来るこの馬にとってベストとも言える条件がココ。

古馬になりG1へ何度か出走しているがガチガチの有力馬だらけだとどうしてもワンパンチ足りない。

だからこそ今回のようなメンバーだとチャンスが生まれる。

ここなら通用してもおかしくは無いし上位を狙える馬だ。

問題は中山の天気。

荒れた馬場で好走した事もあるが極端に渋った馬場だと力を発揮出来ない所が懸念材料。

当日の天気と馬場が鍵になる馬だ。

 

クレッシェンドラヴ

おそらく近走の成績が評価されここでも上位人気になって来るだろう。

この馬も力を付けているとは思うが七夕賞ではミッキースワローとの斤量差が2.5キロ。

それが今回は同斤量の56キロになりこの条件ならミッキースワローの方が力は一枚上。

良馬場でこのメンバーなら正直厳しいと考えているのだがこの馬にとってプラスになりそうなのが雨予報。

馬場が渋ればこの馬向きになりそうでスタミナも豊富。

G3勝ちも無くG2だとさすがに見劣る馬ではあるが馬場次第で台頭まで。

 

スティッフェリオ

他馬の人気により5,6番人気になりそうな馬ではあるが宝塚記念ではレイデオロと同斤量58キロで0.3秒差の7着。

今回は別定戦で56キロと2キロの恩恵を受ける。

中山2200ではセントライト記念でミッキースワローにぶっちぎられてはいるがこの馬も力を付けた今回。

馬場は渋ってもこなせるタイプであり確固たる逃げ馬不在の今回であれば展開次第で逃げの手もあるか?

おそらく有力馬より前にいるのはこの馬で馬場、展開的には有利に働くハズ。

ベストは内枠だったと思うが少頭数ならスタート次第で位置取りは楽。

前々で立回れるこの馬にとって都合がいいのは今回だ。

上位人気馬の中で妙味があるのはこの馬。

 

という事で有力馬について分析してみました。

中山競馬場の天気が気になる所ですが馬場が渋っても大崩れしなさそうなのはウインブライト。

おそらくレイデオロは雨だとマイナスになる。

瞬発力に長けているだけに良馬場が望ましい所でしょう。

ほぼ力通りの決着になりそうだがやはり雨の影響があれば少頭数なだけに小波乱は有りうるでしょう。

そこで雨限定で○に推したい馬をランキングの方で紹介しておきますね。

注目馬 人気ブログランキングへ

 

こんなサイト今までに見た事ありますか!?

その名の通り、全てのお客様に

「栄光」

を掴んで頂く為に

「GLORIA」

と名付けられました。

今、多数の競馬予想サイトで溢れ返っていますがその中でも

「本物の価値ある情報」

これをモットーに

本物の人材を確保
独自のデータマイニング
メディアでは取り扱わない情報

で本格予想!その結果・・・!

リピーター率90%越え!

そして驚きの高配当を毎週の様に連発しています!

今週はなんと

「オールカマー」

を無料予想!

これはもう登録するしかない!登録はこちらから!

【セントライト記念2019】予想|中山2200で狙いたいのはこの馬だ!

セントライト記念2019の最終予想について書いて行きます。

ローズSに比べ荒れる余地があるとすればセントライト記念の方が濃厚。

今年の3歳牡馬路線はロジャーバローズが離脱し様相が変わって来た印象を受けます。

前日段階のオッズではルヴォルグ、ザダル、リオンリオン、ニシノデイジー、オセアグレイトが人気になっている模様。

 

舞台は中山2200という非根幹距離での1戦であり春の実績馬と言えばダービー5着のニシノデイジーくらいしかいない。

おそらく人気通りの決着になるようなレースではなく一発の魅力十分の1戦だ。

3連休の最終日はこのレースをバッチリ嵌めて勝ち切りたい所。

近年のセントライト記念は堅い決着が多い傾向があるが今年の場合は一筋縄ではいかないだろう。

 

その理由として直近3年の結果は以下の通りだ。

【2018年】

1着4番人気ジェネラーレウーノ
2着1番人気レイエンダ
3着6番人気グレイル

【2017年】

1着2番人気ミッキースワロー
2着1番人気アルアイン
3着3番人気サトノクロニクル

【2016年】

1着1番人気ディーマジェスティ
2着2番人気ゼーヴィント
3着3番人気プロディガルサン

 

このような結果になっているのですが各年ともに春に結果を出している馬or夏の上り馬がハッキリしていた傾向にある。

 

しかし2019年はおそらく同世代トップクラスのダノンキングリー、ヴェロックス、サートゥルナーリアがことごとくこのレースを選ばなかった。

上記の馬達はおそらく神戸新聞杯から菊花賞を目指すローテーションになる可能性が高い。

今年の場合、例年に比べてセントライト記念と神戸新聞杯のレースレベルに差が生じそうだ。

 

【100%保証対象です】

注意書きはあるのでサイト(SWITCH)をまず確認してほしいですが、もしSWITCHからの情報を利用して、指定期間内に利益未獲得となった場合は”全額保証対応”する!

ということだそうです…。

こんな自信、かつて見たことありますか?

競馬情報サイトはかなりの数ありますがここまで自信をもって情報を出しているサイトは他にないといってもいいでしょう。

この機会に今まで信じていた情報を見直す必要がある!

と私は考えます。

実際、近走も帯封決着をはじめ数々の高額配当を出しているからこそ、この言葉にも更に信憑性が湧くというものです。

なんにせよ、無料で入会できるメリットそして、情報で利益未獲得となった場合は100%全額保証なのでこれは登録しない意味がわかりませんね(笑)

恐らくこの先SWITCHが競馬情報サイトを引っ張っていくんだろうなと思いますし、この機会に是非体感してみてはいかがでしょうか?

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!

【セントライト記念の予想を無料提供】

 

レベルが下がったセントライト記念に今年の出走馬は18頭のフルゲート。

おそらくどこの陣営も今年の混戦模様ならと色気を持った結果がこの頭数になったと思われる。

前日段階のオッズの通り当日も相当オッズが割れそうなので高配当を狙える1戦になるのではないだろうか?

 

そこで有力馬分析の方へ行きたいと思います。

 

ザダル

3連勝中でこのレースから菊花賞を目指す事になる。

春は王道路線に全く参加出来ていなかった馬ですがまだ底を見せていない魅力は十分で2走前中山、前走東京と全く求められる条件が違う中、時計にも対応出来た事は大きな収穫と見て良いだろう。

特に距離は伸びて良い馬だと思えるし2走前中山のレースから長く良い脚を使えるのは証明済み。

中山2200はこういうタイプが好走する舞台でもある。

適正は高いと思われる1戦なので後は相手関係だけが課題。

調整の緩さも気になる所ではある。

 

ルヴォルグ

大寒桜賞ではリオンリオンの2着と言う結果でしたがあの1戦はリオンリオンが楽逃げし過ぎた1戦でした。

おそらくこの2頭に大きな力差は無いハズ。

この馬自身も前走札幌の1勝クラスでは相手が弱いという点もあるが力は違った印象。

距離は伸びた方が良い馬だと思える点と長く良い脚を使える点はこのレース向きだと言える。

ここで本番に騎乗出来ないであろうルメールを確保し菊花賞に向けて賞金を獲得するにはもはやここしかない。

前走札幌2000という条件を使ったのもあくまでもここが目標だと逆算出来る。

条件がバッチリ嵌りそうなここは好走必至か。

 

リオンリオン

ダービーでの逃げは暴走気味で1000m通過57秒8なら息切れしても仕方ない。

ここで鞍上が横山典に戻るのは大きなプラス要素。

やはり息子より父の方が圧倒的に逃げのペースは読める。

水仙賞で中山2200をこなしている点もプラス要素ではあるが青葉賞、大寒桜賞共に余りにも楽に逃げさせて貰った点は否めなく、今の時計が速い中山で同様の競馬が出来るか微妙な所。

2000mの持ち時計も決して速い訳ではない上に中山の坂で加速出来るタイプでもない。

脆さも兼ね備えている点は人気で買うのにはリスクが高い。

 

ニシノデイジー

この馬が最も高いパフォーマンスを発揮したと思われるのがおそらく東スポ杯2歳S。

瞬発力勝負に強い馬という印象はあるが今回のように長く良い脚を使う舞台となれば話は別。

皐月賞で全く流れについて行けなかったように高速中山という条件は決してプラスには働かないのではないだろうか?

求められる舞台が一瞬の脚を使うようなレースに適正が高く今回のような流れの中で脚を使う舞台は得意ではないだろう。

今回は厳しい1戦になっても全く驚かない。

 

オセアグレイト

3連勝しこの舞台へ。

東京2400から福島2600での連勝でスタミナ豊富な点を印象付けた。

スタミナはあるが切れるタイプではなく「捲りでスタミナ勝負」に持ち込めるかどうかが重要。

時計の掛かる馬場は得意としているが高速馬場だと時計への対応が最大のカギになる。

56キロでこのメンバーだと見劣る面は否めなくここまでの人気になるか?という印象だ。

好走するなら捲り勝負に出るしかないのでは?

 

上記の通り有力馬には各々特徴があり中山2200がバッチリ嵌ると言える馬は少ない。

おそらくルヴォルグorザダルくらいしかいないと思うので当然ながら盲点になっている馬の好走があってもおかしくないレースだ。

 

そこで上記馬以外で今回の条件が嵌りそうな馬を↓に書いておきます。

サトノルークス

シークレットラン

メイショウテンゲン

エングレーバー

タガノディアマンテ

ランフォザローゼス

上記の馬達はおそらく中山2200で好走可能な馬です。

後は仕上げがどこまでか?

展開はどうなるか?

この辺りが予想のポイントになるでしょう。

その中で今回最も狙ってみたい1頭をランキングの方で紹介します。

注目馬 人気ブログランキングへ

 

根拠は色々とあるのですがおそらくこの条件なら過去に対戦した人気所を逆転出来るのではないだろうか?と考えております。

 

元馬主、元厩務員、元騎手、元調教師、現役トラックマン

など、数々の情報元と独自の繋がりを持っており

新聞やテレビでは公開されない

本物の裏情報を基に的中を狙っていく。

今週も裏情報を基に的中を狙っていきます。

当然、登録頂いた方には今週から稼いで頂きます。

無料登録はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【先週も万馬券越えの馬券を多数的中!】

◆9月8日 中山11R

「京成杯AH」

3連複:軸1頭流し
軸馬:11
相手:1-2-4-5-8-10

<結果:2-10-11 >

獲得金額:390,700円

このような的中が数多く出るのですから
人気が出るのも納得の話ですよね。

あなたもキメルケイバを使って

「的中の虜」になってみませんか!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はどうやらセントライト記念の情報を公開!

キメルケイバを利用しないと
正直損することもあるかもですよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://kimerukeiba.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【この機会に是非体感してみてください!】

無料登録>> こちらをクリック!

【ローズステークス2019】予想|スイープセレリタスが人気ならこの馬を狙う!

ローズステークス2019の予想を中心に書いて行きます。

前日段階ではダノンファンタジーが抜けた1番人気になっておりますが

ウィクトーリア、シゲルピンクダイヤ、スイープセレリタス、シャドウディーヴァ

この辺りが上位人気を固めている感じのオッズという感じに。

基本的には春の実績馬が人気の中心ですが藤沢&ルメールが2連勝で秋華賞を目指す流れ。

12頭と頭数こそ少ない1戦になりましたが上位進出するのは一体どの馬か?

はたまた穴馬候補はいるのか?

最終見解の方へ行きたいと思います。

“【ローズステークス2019】予想|スイープセレリタスが人気ならこの馬を狙う!” の続きを読む

【ローズステークス2019】予想|有力出走馬分析&先週の重賞は◎が3連勝するも・・・

ローズステークス2019の予想を中心とした記事です。

今週は秋華賞へ向けてローズS菊花賞に向けてセントライト記念が行われます。

先週の紫苑Sでは◎パッシングスルーが勝利し秋華賞へ向かう事となりましたが

やはり阪神で行われるローズSには2019年秋初戦を迎える本丸が出て来たなという印象です。

ダノンファンタジー始めオークス上位馬であるシャドウディーヴァやウィクトーリア。

桜花賞2着のシゲルピンクダイヤにビーチサンバなど。

紫苑Sに比べて春の実績馬は明らかに今回の方が多い1戦となりました。

秋華賞に向けて阪神1800で活躍するのは一体どの馬なのか?

先週の結果報告と共に有力馬分析へ行きたいと思います。

ローズS2019有力出走馬分析&馬券は本当に難しいと感じた先週

まずは先週行われた3重賞。

見事なまでに本命を打った馬が3戦全勝という結果になりました。

紫苑S◎パッシングスルー

セントウルS◎タワーオブロンドン

京成杯AH◎トロワゼトワル

本命を打った馬達が見事に3勝を挙げた訳なのですが人気サイドとはいえ各馬に確固たる自信があった為に狙えた結果だと思います。

 

特にセントウルSでミスターメロディが凡走するであろう根拠や京成杯AHでトロワゼトワルを狙えた根拠に関してはほぼ有料配信でお届けした結果になったと思っております。

 

有料配信でお届けした上記2レースの見解は以下の通りでした。

【セントウルステークス】

ミスターメロディが凡走するなら前半に脚を使わされるであろう外枠だと考えていた。

そもそも高松宮記念が力通りの決着では無く(内、先行決着になった為、格下のショウナンアンセムが3着に入る特殊な競馬)

という結果の為、内枠でジッと動かなかった福永のファインプレーという騎乗でした。

内枠での好走が目立つ馬であり今回のように外から内に入れる枠の場合は疑いたい所。

それに加えて今回はスプリンターズSへ向けて秋の緒戦ながら58キロ。

内枠なら一考でしたが外枠なので扱いやすくなった。

軸はもちろんタワーオブロンドン。

タワーオブロンドンの場合どうしても後方からの競馬になってしまうが、ここ2戦に比べ阪神に舞台が替わるのは大きなプラス要因。

函館、札幌の直線で良く馬券になっていたな~と思う馬なので、阪神の直線は大きな追い風になる。

さらに今回はマテラスカイがいるのでハイペース必至。

流れもタワーオブロンドン向きになるだろう。

 

【京成杯オータムハンデ】

人気所に差し馬が多く開幕週中山で是が非でも狙いたいと思える馬がいない。

このメンバーなら絶好の位置を確保出来そうなトロワゼトワルを狙いたい。

まず、このレースはハンデ戦。

更に中山マイルという特殊な条件で行われる1戦です。

中山マイルという舞台は初見よりも、この舞台で好走した馬が狙い馬の条件。

グルーヴィットもクリノガウディーも中山マイルは初。

プロディガルサンもこの舞台なら、という馬ですがモレイラに比べ三浦がこの枠を上手く活かせるか疑問が残るので軸にするのは微妙。

それならば昨日もこの舞台をしっかり読み切った横山典。

相手は格上だが52キロで中山、先行勢手薄、という条件が揃った。

正に京成杯AH向きの馬だと思えるし、混戦模様のレースで横山典の出し抜きは魅力。

押し出されてハーレムラインが逃げる形になるかもしれないが木幡巧がこのメンバー相手に絶妙なペースを作れるとは思えない。

2~3番手で競馬を運べる横山典トロワゼトワルが直線で抜け出し勝ち負けに加わる展開になると結論を出しました。

 

ちなみに紫苑S◎パッシングスルーの見解はコチラ↓

【紫苑ステークス】

大荒れは考えにくいメンバーの1戦になった印象を受けます。

おそらく1,2着に関しては力通りの決着になるのではないだろうか?

紐荒れは考えられるがおそらく人気サイドの決着になるだろう。

その中で本命はパッシングスルー。

フローラSでは4着でしたが追い込んだ勝ち馬ウィクトーリアと馬体を併せる形で伸びて来ましたが結果的には先行したパッシングスルーが脚を溜めたウィクトーリアに最後はキレ負けした結果に。

全く悲観する内容ではなく同じように脚を溜める事が出来ていればこちらが勝ち負けに加わっていてもおかしくなかった。

前走はおそらく紫苑ステークスを睨んで福島2000という条件を使ったと思われる。

その前走が2~4着が差し、追い込み馬での結果であり1000m通過59秒7ハイペースで先行勢には厳しいレース展開だった。

そんな1戦を先行し2着以下を大きく突き放した結果は評価すべき1戦。

春に比べ明らかに地力強化したと言っても良いレースだったと思う。

今ならカレンブーケドールを逆転するだけの力はあるはずだ。

それよりもカレンブーケドールのオークスはあまりにも上手く行き過ぎた面も。

オークスで12番人気評価は低すぎた面も否めないが展開は向いた、と言っても過言ではない。

ここでも好走するようなら実力があると認めるべきだが休み明けの今回が試金石だと考えております。

賞金を持っているし秋華賞に向けて叩きなのは明らかなワケで。

 

と◎に関する見解はほぼパーフェクトなのですが問題はここから・・・(; ・`д・´)

とにもかくにも個人的に組んだ馬券が全く当たらんのだ・・・

 

有料予想の購入者の方からは

「Dr.Kさんのおかげでセントウルステークスミスターメロディ買わずに馬単的中しました!」

「トロワゼトワルとディメンシオンの馬連、ワイド当たりました!」

と連絡頂きありがたい所ではありますが僕自身はフニャフニャ○×△テヘ▲×?デ○的なほぼほぼ訳のわからない闇に突入してまして・・・

 

俺の予想を参考に当ててくれて良かった~

俺って本当に馬券の組み方ヘタクソだなダメだな~

 

という完全なメンヘラ状態になってます(・∀・)

 

あ~しんど・・・

 

ちと今週のレースはコンプリートしないと本当のメンヘラになりそうなので完全遂行して行きたいと思います!

 

ローズS&セントライト記念の軸馬根拠や見解については有料verの方で全てお伝えします。

競馬新聞の見解やグリ○○○○ルの解説者の見解とはまた違う視点で予想を組んでいるので一見の価値はあると思います。

月額2500円で僕の軸馬根拠や過剰な人気馬の取捨選択を参考に上手く馬券を組める方はぜひ参考にしてみて下さい・・・笑

⇒Dr.Kの競馬予想有料ver

 

それではローズSの一週前予想へ。

おそらくこのメンツだと1番人気はダノンファンタジー。

登録の段階で12頭なので出走馬が確定した時点では10~11頭立てになってもおかしくない1戦です。

秋華賞の前哨戦としては正直物足りない印象を受けます。

ダノンファンタジーはオークスの影響でやや疑われた感じの1番人気になりそうですが休養明けでも仕上げが上手い中内田厩舎です。

そもそも阪神は走る馬なので1800がどうか?が今回1番の鍵になると思います。

そして今年のローズSは圧倒的に春の実績馬が人気になりそうですが夏の上り馬が5頭いる事が予想のポイントになるでしょう。

この時期の3歳馬は一気に力を付ける事が多々あるので。

今回の候補馬は↓の通り。

アルティマリガーレ

スイープセレリタス

ビックピクチャー

ベストクィーン

モアナアネラ

以上の5頭が春の重賞で活躍出来ず前走勝ち上がりここに出走して来たメンバー。

この中で今回最も注目の1頭をランキングの方で紹介します。

注目馬 人気ブログランキングへ

 

独自入手した極秘情報を解析し提供!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日も極秘情報を駆使して

3連単【3123.7倍】×400円で
100万越え馬券を的中。

「情報だけではダメです。」

匠は徹底解析して
厳選した究極の情報を提供します。

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 近走の的中実績もこのように高配当決着! ■

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今なら無料登録でどこよりも自信を見せる!

ローズステークスの厳選情報を特別公開!

高額配当も狙って獲る。匠の技。

厳選した情報を是非お受け取り下さい。

▼登録は無料!こちらから▼

 

【京成杯オータムハンデ2019】予想|台風の影響あるか?馬場悪化でこの1頭!

京成杯オータムハンデ2019の最終予想について書いて行きます。

今年の京成杯AHは台風の影響で前日発売が取り止めになりました。

中山競馬場の天気を確認するとどうやら昼過ぎから雨模様になっており、

台風の影響となれば強風の影響まで出て来そうな1戦です。

台風が来るとなれば馬場の悪化は避けられない所。

想定ではグルーヴィットが1番人気になりそうな1戦ですが、

特殊な馬場になった場合このメンバーで穴になって来るのは一体どの馬になるのか?

有力馬の見解と共に最終結論の方へ行きたいと思います。

“【京成杯オータムハンデ2019】予想|台風の影響あるか?馬場悪化でこの1頭!” の続きを読む

【セントウルステークス2019】予想|有力出走馬分析など

セントウルステークス2019の予想を中心とした記事です。

今週から開催は中山、阪神へ移り京成杯AHや紫苑Sなど、

本格的な秋競馬のスタートになる大事な週だと思います。

秋競馬初っ端のG1と言えばスプリンターズS。

本番に向けて高松宮記念の勝ち馬ミスターメロディが緒戦をここで迎える。

近年日本のスプリント路線が低迷しているように出走登録馬も15頭の上、メンバー的に小粒な印象は否めない。

人気はミスターメロディ、タワーオブロンドンに集中しそうな1戦です。

少頭数かつ夏の上り馬がいないという1戦になりましたが、

まずは一週前時点での有力馬分析の方へ行きたいと思います。

“【セントウルステークス2019】予想|有力出走馬分析など” の続きを読む

【新潟記念2019】予想|持続性高い脚を使えるあの馬を狙え!

新潟記念2019の予想を中心とした記事です。

前日オッズの段階では1番人気がレイエンダ。

どうやら2番人気はユーキャンスマイルで確定しそう。

しかし、その他が意外と人気割れしている様相なんですよね。

フランツ、ジナンボー、カデナ、センテリュオ以上の4頭が均等という感じになっております。

確かにこのメンバーでハンデ戦ともなると難しい1戦なのは間違いない。

ここ最近堅い重賞が多いですがこれだけ人気割れすれば高配当も狙えそう。

高配当に期待したい1戦だ。

それでは最終見解の方へ行きたいと思います。

“【新潟記念2019】予想|持続性高い脚を使えるあの馬を狙え!” の続きを読む

【札幌記念2019】予想|最終追い切り後の見解など

札幌記念2019予想と最終追い切り後の見解についての記事です。

今年の札幌記念はフィエールマンを中心に実績上位馬がそのまま人気の中心という印象。

昨年こそ堅めの決着でしたがすんなり決着が少ないレースでもあるんですよね。

ディサイファ、ネオリアリズム、サクラアンプルール。

いずれも人気薄からの勝ち馬です。

今年もフィエールマンが1番人気となれば従来の札幌記念に近い結果になりそう。

配当妙味がありそうな札幌記念という印象を受けます。

枠順次第では大勝負も。

それでは最終追い切りの分析を一気に行きたいと思います!

“【札幌記念2019】予想|最終追い切り後の見解など” の続きを読む

【北九州記念2019】予想|最終追い切り後の見解

北九州記念2019予想と最終追い切り後の見解について書いて行きます。

予想オッズの段階では5連勝中の3歳馬ディアンドルが1番人気濃厚。

連勝中の勢いと52キロという軽ハンデの影響で人気に拍車を掛けそうな印象です。

古馬勢ではモズスーパーフレア、ミラアイトーン、アレスバローズ辺りが上位人気想定になっております。

例年スピード自慢が集まる北九州記念。

今年のメンツで上位争いに食い込むのは一体どの馬なのか?

最終追い切りと共に見て行きたいと思います。

“【北九州記念2019】予想|最終追い切り後の見解” の続きを読む