【フェアリーステークス2020】予想|日曜中山内枠有利傾向

フェアリーステークス2020枠順確定後の最終予想についての記事です。

前日段階のオッズではルメール騎乗アヌラーダプラが1番人気。

単勝10倍を切る所ではダイワクンナナ、シャインガーネット、スマイルカナ

上記4頭が人気の中心という形になりました。

レース経験が少ない3歳牝馬の1戦なので難解なのは間違いありません。

特に舞台が中山マイルなので適性も考慮したい所。

この舞台だと枠順もかなり重要な予想ファクター。

日曜中山の枠傾向も重視したい。

それでは枠順確定後の最終予想の方へ行きたいと思います。

“【フェアリーステークス2020】予想|日曜中山内枠有利傾向” の続きを読む

シンザン記念2020予想|枠順確定後、最終追い切り等の見解

シンザン記念2020予想と最終追い切り後、枠順確定後の見解についての記事です。

今年のシンザン記念は10頭立てと少頭数の1戦になりました。

前日段階ではルーツドールが1.6倍の断然人気に。

次ぐ2番人気はサンクテュエールで3.9倍というオッズ。

果たして人気2頭で決まる1戦になるのか?

一昨年アーモンドアイが勝利したのは記憶に新しい所ではありますが

今年のメンバーから一線級で活躍する馬が出て来る可能性も十分。

注目の1戦になりますね。

まずは最終追い切りの見解について書いて行きたいと思います。

“シンザン記念2020予想|枠順確定後、最終追い切り等の見解” の続きを読む

【中山金杯2020】予想|2020年スタートは金杯で決める

中山金杯2020の予想を中心とした記事です。

まずは皆さま明けましておめでとうございます!

2020年もよろしくお願い致します(__)

令和2年初っ端重賞は中山、京都の両金杯からスタートとなりますね。

中山金杯、京都金杯共に登録馬数が今現在出走枠を超えているという現状(苦笑)

こればっかりはハッキリとした出走馬が確定しないと何とも言えない所ではありますが。

逆に考えると多頭数の可能性が高く妙味ある2重賞になったのではないでしょうか?

まずはほぼ確定であろう有力馬を中心に分析記事を書いて行きたいと思います。

“【中山金杯2020】予想|2020年スタートは金杯で決める” の続きを読む

【ホープフルステークス2019】予想|有力出走馬分析など

ホープフルステークス2019予想と出走馬分析についての記事です。

今年最後のG1はホープフルS。

そして日曜日は東京大賞典で終了となります。

今週は有馬記念の興奮冷めやらぬ中、仕事をしていたという人も多いのではないでしょうか?

ここもキッチリ仕留めて気持ち良く令和2年を迎えたい所です。

予想オッズの段階ではコントレイル、ワーケア、オーソリティ、ヴェルトライゼンデ辺りが有力と言った1戦。

しかし1~3戦しか経験値が無い2歳馬の戦いなのでそうすんなり決着するレースでも無さそうな所。

それでは有力馬を中心に分析記事の方へ移りたいと思います。

“【ホープフルステークス2019】予想|有力出走馬分析など” の続きを読む

【有馬記念2019】結果|本命リスグラシューありがとう!

2019年有馬記念結果等についての記事です。

アーモンドアイ単勝1.5倍(有馬記念の直前に単勝オッズが変動したので相当な買いが入ったはず)がまさかの飛ぶという結果になりました。

◎リスグラシューの僕としては最高の結果になったのですが、正直アーモンドアイがあそこまで手応えが無くなるとは思いもしなかったのが本音。

アーモンドアイが飛んだパターンの馬券も購入していた身としては有り難い結果ではあります。

好位から運んだアーモンドアイは一見絶好位でしたが伸び切れなかったのは距離や中山2500という条件下の影響ではないかと。

それに対し、ここまでタフな競馬を経験しながら成長したリスグラシュー。

宝塚記念に続きグランプリレースをとんでもない強さで勝ってくれました(:_;)

いや~、ほんとぉぉぉぅぅぅうに嬉しい・・・・

自分の見る目が間違っていなかったな~と。

有料配信の方で今年の有馬記念全頭分析を書いたのですがレースも終了したので公開したいと思います!

“【有馬記念2019】結果|本命リスグラシューありがとう!” の続きを読む

【有馬記念2019】予想|枠順確定後有力馬分析等

有馬記念2019予想と枠順確定後の最終見解について書いて行きます。

いよいよ明日は有馬記念当日になります!

牡馬、牝馬ともに一線級のメンバーが揃った今年の有馬記念。

前日段階のオッズではアーモンドアイの単勝が1.6倍とダントツの1番人気。

これまでのレースぶりを考慮してもアーモンドアイが大きく崩れるとは考えにくい所ではあります。

そんなアーモンドアイは5枠9番とまずまずの枠を引きました。

それでは有力馬を中心に枠順確定後の最終見解を書いて行きたいと思います。

“【有馬記念2019】予想|枠順確定後有力馬分析等” の続きを読む

【有馬記念2019】予想|枠順確定前最終見解等

有馬記念2019予想と出走馬確定、枠順確定前最終見解について書いて行きます。

いよいよ2019年有馬記念が目前に迫って参りました!

有馬記念の予想だけは明らかに他の重賞よりも力が入るし是が非でも当てたい1戦。

ジャパンカップ外しても有馬記念さえ当たれば何でもいいや~♪くらいになりますよね(笑)

それだけ特別なレースでもあります。

そして今年は何と言ってもアーモンドアイ&リスグラシュー。

強力牝馬2頭がここで激突。

それ加え牡馬勢も好メンバーが揃いました。

そこまでスンナリ決まる1戦だとは思えないし古馬も舐めちゃならんメンバー。

今日は木曜日という事で枠順確定前です!

後は枠順次第で結論を出す!

それでは今現在の最終見解について書いて行きたいと思います!

アーモンドアイVSリスグラシューの1戦になるのか?

皆さんは今年の有馬記念どの馬から入りますか・・・?

本命党ならアーモンドアイ、リスグラシュー、サートゥルナーリアの単勝を握りしめても良し。

穴党ならクロコスミア、アエロリット辺りを狙って前残り馬券を組むも良し。

3歳馬中心の馬券ならワールドプレミア、ヴェロックス辺りの55キロ勢を狙うも良し。

古馬の底力を信じるのであればスワーヴリチャードやキセキを狙うも良し・・・

人気は2~3頭に集中しそうですが何と言っても中山2500。

ごまかしが効くコースでもあるので力通りスンナリと行くレースではない。

↑2017年有馬記念を大本線で的中した馬券。懐かしい・・・

今年もこれくらい、イヤこれ以上の的中を叩き出したい。

 

まずはアーモンドアイとリスグラシュー。

アーモンドアイに関しては疑いようのない怪物馬。

誰がどう見ても強いのは間違いない。

ただ、絶対か?というとそういう訳でもない。

安田記念のようなケースもある訳ですし。

 

それじゃあリスグラシューは?

というと・・・

コチラも完成期を迎えどこからでも競馬が出来るようになった。

環境の変化にも柔軟に対応し海外でも好走を連発。

今現在7戦連続馬券内という好調ぶり。

更に様々な条件でも好走しているという・・・笑

この馬も今は相当強いのではないですかい?

しかも重馬場もこなせます。それはアーモンドアイも同じ。苦笑

 

両馬共に散るという事はまず考えられないでしょう。

後は枠次第になりそうな所。

競馬投資に求められるのは”正確な着順と的中”

ギャンブルでもない、単純な投資でもない、競馬で稼ぐ為の新しいカタチを提案。

収益化を目論む提案は競馬情報業界初の試み。

それが「正しい競馬」の新しいカタチです。

”不的中”や”取りガミ”を不安視する必要は何もありません。

競馬における収益化の強い味方・・・

それがチケラボです。

今週は有馬記念の情報を無料提供致します!

⇒登録はコチラから

 

サートゥルナーリア、ワールドプレミア等3牡馬は通用するか?

有馬記念は3歳馬が斤量の恩恵を受ける為、3歳馬の活躍が目立つレースでもあります。

昨年も55キロブラストワンピースが勝利し、近年ではサトノダイヤモンド、キタサンブラック、トゥザワールドなども好走しました。

 

2019年は一体どうなのか?

 

まずはサートゥルナーリア。

天皇賞・秋ではスミヨンがコメントしていた通り常に力んでいた、という所が敗因ではある。

神戸新聞杯の強さを見たら天皇賞・秋の結果が全てではないだろう。

これまでの競馬を参考にすると左回り東京よりも右回りの舞台でのパフォーマンスが高く、折り合えば神戸新聞杯のような強い競馬が見れそうだ。

折り合いに不安がある為、内目の枠を引く事が理想だろう。

内枠でジッと溜める競馬が出来れば巻き返しの可能性は十分あり得ると思う。

それでアーモンドアイやリスグラシューに通用するか否か?という感じでしょう。

あくまでも100%のパフォーマンスを発揮出来なければ、という条件が付きそうだ。

 

ワールドプレミア、ヴェロックスに関しては力差はほぼなく、イーブンと考えて良いだろう。

両馬共に立ち回りを活かす競馬というタイプではないので、外々を回される競馬になると苦しい。

両馬より、折り合えた時のサートゥルナーリアの方が圧倒的に強い可能性があるので3歳馬の中では大将格と考えにくい。

仮に折り合えたサートゥルナーリアが勝利するようなレースの場合。

ひょっこり3着、なんて事まではありそうだがガチの力比べでは古馬の壁が厚いのではないだろうか?

古馬勢の評価をどう付けるべきか?

レイデオロはさすがに前走が負け過ぎな印象。

気持ちの問題かもしれない。

余りにもパッとしない競馬が続いているのはその影響があるからではないだろうか?

フィエールマンは凱旋門賞惨敗後緒戦が今回。

凱旋門賞を見た限りはやり良馬場の方がいいハズで今回のカギも馬場が影響しそうな所。

シュヴァルグランはさすがに年齢的な上積みに乏しいだろう。

スティッフェリオ、エタリオウ、スカーレットカラーは今回さすがに相手が揃った感じがする。

穴馬的存在で面白そうなのがクロコスミア、アエロリット、スワーヴリチャード辺りか?

クロコスミア、アエロリット共に自分のレースを作れれば本当にしぶとい。

ただ、両馬共に前走が目一杯の仕上げだったのが課題になりそう。

好調を維持出来ていれば侮れない存在の馬になりそうです。

キセキもいるのでどの馬が自分の形に持ち込めるか?が重要だと思います。

ここの先行勢においては枠順も大きなバイアスになってくるのではないだろうか?

理想は逃げ馬の2~3番手。

3頭共に逃げに拘るというより自分の形に持ち込みたいタイプ。

近隣の馬の存在もポジションを取る上で重要でしょう。

 

そして古馬の中ならこの穴馬が面白いという1頭がいます。

距離は明らかにこれくらいが良い。

天皇賞・秋のような時計勝負は厳しいので今の中山くらいの時計ならチャンスあるかも?

今回は人気落ち必至のメンバーですが実力はある。

前崩れでチャンス。

注目馬 人気ブログランキングへ

 

競馬最強Teamが結成! 東と西のスペシャリストが 無限の払い戻しを実現!

有馬記念の予想を無料で受け取るなら今がチャンス!

⇒無料で有馬記念の予想を受け取る

【チャンピオンズカップ2019】予想|枠順が結果を左右する1戦

チャンピオンズカップ2019の予想記事です。

前日段階のオッズを見た限りではクリソベリルが1番人気になっております。

それ以外が混戦模様で単勝10倍を切る馬達がクリソベリル合わせて5頭。

チュウワウィザード

インティ

オメガパフューム

ゴールドドリーム

ここまでが人気の中心という感じですが実力が接近している上位人気馬です。

ポイントになるのは中京ダート1800でチャンピオンズカップというレースの特性でしょう。

それでは枠順確定後の最終見解について書いて行きます。

“【チャンピオンズカップ2019】予想|枠順が結果を左右する1戦” の続きを読む

【チャレンジカップ2019】予想|乗り替わりが結果を左右する1戦

チャレンジカップ2019の予想を中心とした記事です。

今週は日曜日にチャンピオンズカップG1が行われます。

デビューから無敗の3歳馬クリソベリルがおそらく人気の中心になりそうな1戦。

前日土曜日に行われる重賞が阪神でチャレンジカップ、中山でステイヤーズSという週末です。

ステイヤーズステークスが開催されると12月という感じがしますね。

チャレンジカップの方は福島記念2着のステイフーリッシュ、4連勝中のロードマイウェイ辺りに人気が集中しそう。

しかしステイヤーズSの方は大混戦と言ったオッズになって来そうな予感。

アルバート、モンドインテロと言った実績馬が出て来るとはいえ両馬共に7,8歳馬。

少なからず全盛期は過ぎたと考えられるが他にコレと言って目立つ馬も不在。

更にオジュウチョウサンにMデムーロが騎乗する始末・・・

かなり混沌としたメンバーでの1戦になった印象を受けます。

土曜日を制していざチャンピズカップに挑んで行きたい所。

それではチャレンジカップの予想へ行きたいと思います。

“【チャレンジカップ2019】予想|乗り替わりが結果を左右する1戦” の続きを読む

【ジャパンカップ2019】予想|レース適性が一波乱を演出する

ジャパンカップ2019の予想とレース特性や適正面について考察した記事です。

前日オッズを見た限りでは混戦らしく上位人気のオッズが割れています。

前売り段階で単勝10倍を切る馬が5頭。

昨年のジャパンカップはアーモンドアイの単勝が1.4倍でした。

それに比べて今年の場合前日正午の段階で

ワグネリアン 5.4

レイデオロ 5.5

ユーキャンスマイル 5.6

スワーヴリチャード 5.9

カレンブーケドール 7.4

かなりの大混戦模様を呈しております。

更に予想を難しくさせるのが関東で長く降っている雨。

日曜日に馬場が回復してもおそらく稍重での開催になりそう。

メンバー的にも一長一短であり更に馬場の問題。

当たればそれなりの配当になりそうな1戦ですがこのメンバーからジャパンカップへの適性が高いと思われる馬はどの馬か?

それでは分析の方へ行きたいと思います。

“【ジャパンカップ2019】予想|レース適性が一波乱を演出する” の続きを読む

【アルゼンチン共和国杯2019】予想|枠順確定後レース特性No1馬紹介

アルゼンチン共和国杯2019枠順確定後予想と適性、レース特性からの注目馬を紹介します。

今週はG2のアルゼンチン共和国杯が行われますがさすがに天皇賞・秋に比べると小粒感が否めないメンバー。

先週は適正面を考慮しアーモンドアイ&ユーキャンスマイルで勝負したが1,4着と残念な結果に・・・

天皇賞・秋の結果等についても↓の方で記載しております。

今年のアルゼンチン共和国杯は予想オッズの段階でアフリカンゴールド、ルックトゥワイスが人気の中心か。

それに続くのが目黒記念2着のアイスバブルという様相。

東京2500mという条件はかなり特殊なので適正面だけはしっかり考察したい所だ。

枠順も確定したのでその結果も踏まえ考えて行きたいと思います。

“【アルゼンチン共和国杯2019】予想|枠順確定後レース特性No1馬紹介” の続きを読む

【天皇賞・秋2019】予想|枠順確定版レース特性から見抜く穴馬

天皇賞・秋2019予想と枠順確定版レース特有の適性面から見る最終見解の記事です。

いよいよ日曜日は今年の天皇賞・秋が行われます。

前日正午の段階で人気上位のオッズは以下の通り。

アーモンドアイ 1.7倍

サートゥルナーリア 4.1倍

ダノンプレミアム 8.9倍

ワグネリアン 13.5倍

スワーヴリチャード 15.4倍

ユーキャンスマイル 25.0倍

アエロリット 25.8倍

マカヒキ 34.2倍

上位8頭の単勝オッズは以上のようになっております。

アーモンドアイの単勝が2倍を切っていますね~。

サートゥルナーリアの単勝もまだまだ売れるだろうからこの2頭のオッズ差はもう少し無くなりそうですが、それでもアーモンドアイの単勝は2倍を切って来る可能性が高そうです。

とはいえアーモンドアイも安田記念で3着に敗れているし決して盤石とは言い難い所。

大注目の今年の天皇賞・秋ですが前日オッズや枠順踏まえレース特有の適正面から穴馬を探してみたいと思います。

“【天皇賞・秋2019】予想|枠順確定版レース特性から見抜く穴馬” の続きを読む

【スワンステークス2019】予想|レース特有の適性&最終追い切り後の狙い馬等

スワンステークス2019の予想を中心とした記事です。

今週は日曜日に天皇賞・秋が行われますが土曜日にマイルCSに向けてスワンSが行われます。

まずはここをきっちり獲って日曜日の軍資金を稼いでおきたい所。

特に今年は安田記念上位組不在となり混沌としたメンバーでの1戦になります。

予想オッズの段階ではモズアスコット、グァンチャーレが人気の中心になって来るのではないか?

7歳馬のグァンチャーレが1,2番人気を争う段階で今年のこのレースの低迷さが伺える所だと思います。

それでは過去の傾向や最終追い切りを踏まえレース適性が高いであろう馬を見抜いて行きたいと思います。

“【スワンステークス2019】予想|レース特有の適性&最終追い切り後の狙い馬等” の続きを読む

【天皇賞・秋2019】予想|一週前追い切り分析&有力馬考察等

天皇賞・秋2019予想と有力出走馬分析&一週前追い切り後の見解について書いて行きます。

いよいよ今週は大注目の天皇賞・秋が行われます。

言わずもがな注目はアーモンドアイVSサートゥルナーリア。

サートゥルナーリアは菊花賞を選択せず天皇賞・秋へ。

そしてアーモンドアイも秋の緒戦はこのレースをチョイス。

2強ムードの1戦ですが実力馬も多く思わぬ伏兵の一発もありそうなメンバー構成です。

かなり楽しみなメンツの1戦になった訳ですがまずは一週前追い切りと共に有力馬分析へ行きましょう。

“【天皇賞・秋2019】予想|一週前追い切り分析&有力馬考察等” の続きを読む