【京都新聞杯2019】予想|最終見解&ペースが嵌りそうな1頭の紹介!

京都新聞杯2019の予想を中心とした記事です。

最終追い切りも終了し枠順も既に確定。

3歳牡馬にとってはダービー前最後のチャンスになる1戦になる訳ですが

皐月賞に比べるとやや低調なメンバー構成。

上位人気になりそうなのはタガノディアマンテやブレイキングドーンなど。

一つ上のクラスで通用しなかった馬達が人気になりそうです。

という事は他条件で勝ち上がった馬にもチャンスはある1戦になるのでは?

それでは有力馬を中心に最終結論まで書いて行きたいと思います。

京都新聞杯2019有力出走馬ペース&ラップ等分析

タガノディアマンテ

この馬のベストパフォーマンスがきさらぎ賞と考えた場合。

道中ペースが緩んで後半勝負というレースの方が合う。

なので距離は伸びた方がプラスに働く可能性が高く、

京都2400という条件は完全にマッチして来そうな馬。

皐月賞とスプリングSではラスト1ハロンのペースが全く違い、

皐月賞のラスト1ハロン11秒4というのが相当速いだけ。

この馬自身それだけ速いペースで走れる馬ではなく完全に力負けと言える1戦だった。

今回の場合あれほど後半のペースが速くなるとは考えにくく、

この馬の好走パターンにマッチして来そうな1戦だ。

これだけの距離は初めてになるがレース展開的にはこの馬向きになりそう。

中弛み⇒後半勝負

これがこの馬の好走パターンであり、ラスト3ハロンが11秒台が続くハイレベルなレースにはならない。

となると上位争いは必至か。

ブレイキングドーン

今回は馬具を調整しチークを着けてこのレースに出走して来る模様。

それだけ精神面に課題がある馬なのでしょう。

ここ3戦中山2000という条件

ホープフルS 5着

弥生賞 3着

皐月賞 11着

このような結果になっていますがこの馬のベストパフォーマンスが弥生賞と考えた場合、

脚質からも一定のペースを刻んでダラダラ続く競馬の方が良い可能性が高い。

なので今回は距離の壁が最大の問題になって来そう。

仮に京都であれば内回り2000という条件が良く2400で後半上りを求められる条件は

あまり得意な馬では無いハズ。

ペースやレース展開を考えると厳しい1戦になるのではないだろうか?

ロジャーバローズ

この馬もタイプ的にはブレイキングドーンに似ている。

ただし大きく違う点があり参考になるレースは3走前の紫菊賞の競馬。

2分1秒ジャストという中々速い時計での決着になった1戦ですが、

レースのペースを考えた場合3着ジョウショームードに差されてもおかしくなかった。

しかし1馬身以上の差を着けての2着確保。

たぶん今回のレースもペース的には紫菊賞と同じようなペースになる事が想定され、

このパターンの競馬になれば2400でもこの馬の好走パターンに当て嵌まって来る。

スプリングSもペース自体は似ているのだが中山らしくラスト1ハロンではペースがガクッと落ちた。

この馬の場合、このパターンの競馬が得意じゃない可能性が高く中山向きでは無いかも。

今回のように京都なら、という感じです。

オールイズウェル

前走は直線に入った時に追い出しを止める不利がありながら大外強襲の3着。

一見とんでもない脚を使ったようにみえるがラスト1ハロンでペースがガクッと落ちてのもの。

これが仮にペースが中弛みし、後半速いペースが続くようなら毎日杯のような感じになるでしょう。

この馬の好走パターンは前走や黄菊賞のようなペースの時。

毎日杯のように自分より前にいる馬が止まらないパターンになると凡走の可能性あり。

しかし今回唯一の救いなのが相手関係のレベルが楽だという点。

ここ数年の京都新聞杯のペースを見ても今年の毎日杯のような展開になる事が多く

この馬本来であれば厳しいレースが想定される。

なので展開的に有利な馬ではない。

この馬が上位に来るようであれば単純にレースレベルが高くないという事が言えるだろう。

ヒーリングマインド

本来であればこの馬がここでいきなり通用するとは思えないのだが、

ここ2戦の競馬のパターンが京都新聞杯で好走する馬と一致する。

特に前走は全くスムーズじゃない中での1着でちゃんと追い出せたのはほんの少しだけ。

あれがスムーズであればもっと着差は開いていた可能性が高い。

中々未勝利を勝てなかった馬だが力を付けた事とおよそ2200~2400という条件が良いのだろう。

今回も完全に好走条件には当てはまる1戦なので他馬に比べていきなり通用してもおかしくない。

この馬がいきなり通用してもというレースなのでそれだけレベルが低いと考えて良いでしょう。

【元競馬エイトトラックマン高橋績氏監修】

京都新聞杯の無料情報をお見逃しなく!

⇒無料登録はコチラ

京都新聞杯2019予想まとめと結論

今年の京都新聞杯は例年に比べ低調なメンバーでの1戦だと思います。

ここで好走したとしてもダービーで通用するか?と言えばちょっと・・・

なので買うならここまで、という感じですね。

後はひと夏を超えてどこまで強くなるかだと思います。

1番人気濃厚なタガノディアマンテ。

このメンツなら上位争いに加わってくる可能性は高いと思います。

ただし条件がベストか?と言えばそんな事もなく、エリカ賞のように3着なんてケースも考えられます。

今回の条件が最も嵌りそうな1頭については久しぶりに競馬ブログランキングの方で紹介しますね。

注目馬 人気ブログランキングへ

パッとしない馬ばかりだな、というのが本音なのですが京都なら買いたい馬です。

たぶんこの馬には京都中距離がペース&ラップ的にも合うと思います。

過去に好走している時が完全に今回の条件にマッチする。

個人的には軸はここから入ろうと考えてます。

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━━━
驚愕の情報投資競馬の真髄がここにある
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
競馬に対する価値観が変わる!

豊富な実績データ&
専門チームによる徹底分析!

【本当の意味で勝てる競馬】を追求し
お客様に「価値ある勝ち」をお届け!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

競馬で勝ちたい、少しでも儲けたい、
小額投資で高配当を等、
心底求めている方は是非とも!

中央競馬投資会ウイナーズをご利用下さい!

半信半疑でも構わない、
中央競馬投資会ウイナーズが自信を持って
会員様を全力でサポート!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の情報提供メインレースは

「NHKマイルカップ」

【ご自身で体感してみてください!】

▼中央競馬ウィナーズ 無料登録▼

重賞レースの無料予想を今週から受け取る

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】