【天皇賞・春2019】枠順確定後見解|メイショウテッコンの真後ろをとりに行け!

天皇賞・春2019の予想と枠順確定後の見解についての記事です。

1番人気濃厚のエタリオウは2枠2番と内目の枠。

一方2番人気濃厚のフィエールマンは7枠10番となりました。

また、ヴォージュ陣営は大逃げを宣言しましたね。

これがどういった展開になるのか。その点を中心に予想していきたいと思います。

個人的には菊花賞上位の馬がここでも好走するとは考えていません。

穴馬の台頭が十分に考えられると思いますよ。

天皇賞・春2019枠順と展開予想

少し違う話からさせてもらいますが、前回の青葉賞の記事はご覧いただけたでしょうか?

すごい確率を引き当ててしまったんですよ(笑)

軸候補の2頭が15番、16番とピンク帽子に。。。

挙げた2頭がピンク帽に配置される割合は、確率の公式を利用すると

2C2/16C2 = 1/120

驚きましたよ。まあ人気おちるなら買おうと思いますが、

内枠3頭で決まりそうな予感がしてきましたね(笑)

本題に戻って天皇賞・春の見解です。

確定した枠順は以下の通りです。

ヴォージュが逃げ宣言。大外枠のロードヴァンドールも逃げたい。

となるとこの2頭がペースを上げて逃げていく展開になるでしょう。

それに続く3番手にメイショウテッコン。

第2集団の先頭を率いる形になるでしょうか。

エポカドーロが勝利した皐月賞のように、実質逃げの形で進めていくことができます。

展開としては間違いなくいいですね。

今回は軸として考えたいと思います。

となると、メイショウテッコンが逃げた2頭を捕まえに行くと、

この馬の真後ろとれる馬もかなり展開としては有利になると考えられます。

クリンチャーは最近出足が遅いのでメイショウテッコンの後ろは取れないでしょう。

外枠も残念です。第2集団の外を回されて苦しい競馬になると予想します。

となると、チェスナットコート、リッジマン辺りが真後ろにつく候補でしょうか。

エタリオウは好枠と言われていますがどうでしょうね。

スタート遅いですし、内にはあまり力のない馬が壁になる可能性があります。

外回すか、思い切って内をつくか。意外と難しい競馬になりそうですよ。

ユーキャンスマイルは岩田騎手ですし外回すことはしないでしょう。

ただこの馬も難しい競馬になりそうですよね。

エタリオウと枠が逆であればよかったです。

逆にフィエールマンは評価を上げたくなりましたね。

ルメール騎手ですし、機動力を生かして最後のコーナーでは

メイショウテッコンに近い位置まで上げてくるんではないでしょうか?

いきなりですがみなさん。
競馬予想においてこんなことないですか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これらを解決するのが今回ご紹介する「勝馬の栞」です!

元競馬エイトトラックマン「高橋績」氏監修のもと、エージェント、生産関係者、外厩スタッフ、造園関係者などから最高良質の情報を入手しているんです。

実際、このような馬券を毎週のように的中させかなりの指示を集めているわけです!

はっきり言って競馬は情報だな・・・と勝馬の栞を利用すればまじまじと思わされますよ(笑)

なんにせよ、これだけ「当たる」というのがこの勝馬の栞の強烈な武器。

なぜこれだけの的中を出せるのかはやはり「究極の情報」なんですよね。

ホントかよ!?

そんな風に思われる方もおられるかもしれませんが、まずは無料なので試してみてはいかがですか?

きっともっと早く登録しておけばよかった!と、後悔するはずですよ(笑)

無料登録はメールアドレス入力だけで簡単なので是非試してみてください!

天皇賞・春2019最終見解

本命は先ほども述べましたがメイショウテッコン

出走馬の中で圧倒的に展開が向きます。

週初めは、ヴォージュが意外と邪魔だなあと思っていましたが、

逃げ宣言しているのも好都合でしょう。

実質逃げの形に福永騎手が持ち込めばまず馬券は外さないと思います。

対抗はフィエールマン

確かに長距離適正はやってみなければわかりませんが、

馬体を見る感じ対応してきそうとは思いますけどね。

スタート決めればある程度前の方に行くと思いますし、

4コーナーまでにはメイショウテッコンの外側ぐらいまで上げてくるのではないでしょうか。

ただ、人気と長距離適正の面で対抗にしました。

次にロードヴァンドール

前残りが怖いです。メイショウテッコンは福永騎手なので

4コーナーまでに前をとらえに行くことはしないでしょう。

となると、阪神大賞典でハイペースで残し切ったこの馬が残る可能性は高いでしょう。

しかもこの日横山典弘騎手はこの1鞍だけですからね。

怖いですよ。大外といえ積極的に抑えたいと思います。

穴でリッジマン

蛯名騎手の腕でメイショウテッコンの後ろ取れないですかね。

昨年の天皇賞・春ではチェスナットコートを内からうまく5着まで持ってきました。

長距離では信頼できるジョッキーですよ。

そして、今回はチェスナットコートではなくこの馬を選んできました。

内からひょっこり来ないでしょうかね。

そして抑えでエタリオウ

スタート遅いですし意外と競馬し辛いと思いますよ。

外回したら私の中では連に来ないと読んでいます。

ただ万が一メイショウテッコンの後ろを取れたら、来ますね。(笑)

いずれにせよそこまでの信頼度はないと思います。

デムーロ騎手も不調ですし。

メイショウテッコンの真後ろとしてチェスナットコートも考えましたが、

鞍上の坂井騎手は3000メートル以上のレース未経験ですからね。

さすがに厳しいでしょう。

ということで馬券としては

メイショウテッコンから上記の馬に馬連とワイドを流したいと考えています。

ワイドでもある程度オッズつきそうですね。

エタリオウは馬連だけ押さえます。ワイドは買いません。

皆さんはメイショウテッコンの後ろにどの馬が来るかを注目すると

意外と面白いかもしれませんよ。

また青葉賞の予想については↓の記事にてUPしているので良かったら見て下さいね(^O^)/

【青葉賞2019】予想|出走馬分析と穴馬考察

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】