【TCK女王盃2019】予想|有力出走馬分析&最終結論など

TCK女王盃2019の予想を中心に書いて行きます。

ここに入ればラビットランは実績最上位でダントツ1番人気になりそうですね。

そこに只今3連勝中のエイシンセラードが上り馬として人気になりそう。

東海ステークスも明け4歳馬の独壇場でしたからねぇ。

となれば当然ながらこの馬も注目の1頭です。

ただし今回は相手もソコソコ揃っていますよ。

それでは有力馬を中心に分析してみたいと思います。

TCK女王盃2019予想と見解

その前に先週の結果報告などを少し。

先週の重賞は見せ場無しで終わってしまいました・・・涙

まあ競馬は毎週当たるワケじゃないので今週頑張ります。

東海ステークスはグリグリの決着で、どうしようもない。

僕はWINSで観てたのですが周りからため息しか聞こえませんでした(笑)

アンジュデジール何だったんですかね?

故障じゃなければいいのですが・・・

インティは強い。

その一言に尽きるレーでした。

AJCCはここでシャケトラか!という結果に。

この馬が得意とする展開になったのは間違い無いですが、

1年以上レース間隔が開いて馬体重+2キロって。

どんだけ管理能力高いんだと・・・

レース使っていないので馬が若いし、好走条件揃ってました。

それでもシッカリ勝つのだからポテンシャルは高い。

この馬含め、今回の出走馬のレース後の見解については専用twitterの方で書かせて頂きました。

今後買える条件、買えない条件等ですね。

今回ブログの方では僕が軸にしたジェネラーレウーノの見解を書いておきたいと思います。

このレースで軸にした事はのちに繋がったと思っているのでOKです。

競馬はこれからもレースが散々ありますし。

それよりも今回でこの馬の限界を見抜けた事がプラスだと思っています。

この馬、twitterの方でも書いた通り今回で底が見えた。

馬券はハズしたけど今後の取捨選択がハッキリしたのは個人的にプラス要素。

今後下手に点数回さずに済むから。

結論としてはジェネラーレウーノにとって2200はどう考えても1ハロン距離が長い。

調教抜群、得意の中山、騎乗も全く問題ない中での4着。

もうコレが完全に壁になってます。

ココでダメなら瞬発力勝負はまず無理だし2200以上も難しい。

距離適性は2000までだろう。

その中で限られた条件なら馬券になる可能性はある。

それ以外はほぼ要らないでしょう。

今後は明らかに買える条件の時のみ買います。

陣営がどこのレースを使って来るか要注目ですね。

フィエールマンに関しては、まあ結果の通りですよ。

これまでの戦績で負けた相手がメイショウテッコン、シャケトラです。

この馬に関しても今回である程度見えて来た部分はありますが、

左回りを1回しか使っていないので今一度左回りのレースを観て考えたい所。

抜けた馬ではないですよね。

とにかくジェネラーレウーノの扱い方がハッキリわかっただけでも収穫のある1戦でした。

次回ジェネラーレウーノを買う時はキッチリ回収させて貰います( ̄ー ̄)

それでは本題の方へ。

ラビットラン

どう考えても前走より相手のレベルは下がる。

斤量がどうだろう?とも考えたが2走前があのメンバー相手で57キロ1着。

3走前の川崎は初ナイターで右回りの1戦と考えれば3着も仕方ない所。

正直、このメンツ相手に凡走は考えにくい。

普通に走れば勝ち負けでしょうね。

エイシンセラード

未勝利勝ち後の2走前は逃げるカーネリアンを番手で追走。

楽な展開で500万を未勝利戦に続く勝利で突破。

スタートが良い馬で前走もスッと2番手を確保出来る脚質はいかにもダート向き。

この馬が人気になるのも確かに理解出来る所。

ただし、ここ2戦の相手はさほど強くないです。

インティとはちょっと立場が違います。

交流重賞なので先行馬にとって競馬がしやすいのは間違いないですが、

相手強化の1戦で2番人気は正直微妙。

ラビットランを逆転出来るとは思えない。

アイアンテーラー

前走は船橋での1戦で1着ですが不良馬場でのレースだったので今回参考外。

テンの速い馬で、スタートから理想的な位置を取れるタイプ。

JBCの結果を見ると上位勢に敵わないような気がしますが、

同舞台平城京Sでファッショニスタを凌いだのは価値ある1戦です。

この2戦は同舞台京都1800での1戦でしたがペースが全く違う競馬でした。

今回は地方交流戦。

ここで平城京Sのようにペースを落とせれば、かなり面白い1頭だと思う。

少なからずエイシンよりはラビットランを脅かす存在になりそう。

ブランシェクール

前走はアイアンテーラーに水を空けられる形になってしまったが、

船橋不良馬場でのハンデ戦と考えれば度外視出来る1戦。

前走4番人気に支持されながら6着と凡走した事によって、少なからずエイシンよりは人気しないハズ。

JBCで11着という結果も致し方ない所ではあるが交流重賞の大井1800は2連対。

戦績が示す通り、どう考えてもワンパンチ足りない馬で好走するなら適正の一押しが欲しいタイプ。

となると今回は最もベスト舞台だと考えられる。

今回はJBCほど厳しい競馬には絶対にならない。

ここ2戦の凡走した結果を考えれば今回は買える馬。

<南関東、園田、門別、盛岡など地方競馬の情報満載!>

情報が少ない地方競馬を攻略するならこのサイトしかない!!!

【今なら無料で各地方競馬場の攻略法を入手出来ます】

⇒無料で地方競馬の情報を入手する

TCK女王盃2019予想まとめ

そもそもどう考えても通用しない馬も多いのが地方交流重賞ですが、今回も能力上位馬と下位馬にはそれなりの差があると思う。

そこにラビットランが入って来るとなれば、よほど点数を絞る買い方をしないとプラス収支は厳しい所。

結局の所、人気上位馬の近走をどのように評価するかが勝負の分かれ目になりそうです。

そこで僕が出した結論はランキングの方で紹介します。

注目馬 人気ブログランキングへ

【地方競馬を徹底的に攻略する的中データラボ】

地方競馬の膨大なデータから勝ち馬をチョイス!

【地方競馬のみならず中央競馬でも抜群の成績を残すデータ分析】

⇒今週限定!無料情報登録はコチラから

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】