【凱旋門賞2018】予想|エネイブル、ヴァルトガイスト等出走馬分析

凱旋門賞2018の予想を中心とした記事です。

ロンシャン競馬場の改修工事が終了し、

今年の凱旋門賞はシャンティイではなく3年ぶりのロンシャン開催。

日本からはクリンチャーが世界のトップホースに挑みます。

迎えるのは昨年の覇者牝馬のエネイブル。

果たして今年の凱旋門賞はどのような結果になるのか?

ブックメーカーのオッズを元に分析したいと思います。

まずは確定した枠順の紹介から。

クリンチャーが絶好の1ゲートになりましたね。

これはプラス材料でしかありません。

19頭もいるので物理的に内枠の方が有利になるコース。

そもそもこのレース自体が内枠有利。

次にブックメーカーのオッズを確認してみます。

(参考コーラル社)

エネイブル 2.0

シーオブクラス 4.3

ヴァルトガイスト 8.0

キューガーデンズ 11

カプリ 26

タリスマニック 34

スタディオブマン 34

クロスオブスターズ 41

他社のオッズを見ても、

エネイブル~キューガンデンズまでの評価はほぼ変わらない。

それ以下の馬たちで変動している感じですね。

肝心のクリンチャーはというと・・・

クリンチャー 41~51倍

と、海外での評価は低い結果となっています。

日本人としては応援したい所ですね。

それでは上位人気馬から分析して行きます。

エネイブル

昨年の凱旋門賞は記憶に新しい所ですよね。

先行し残り400mから先頭に立つと後続を完封。

とんでもない牝馬が表れたと思った1戦でした。

そして凱旋門賞というレースは牝馬の活躍が目立つレースでもある。

今年も当然注目の1頭であることに変わりはない。

ブックメーカーのオッズ通り単勝は2倍付近が濃厚だろう。

凱旋門賞を目指して今年の始動戦はコロネーションカップの予定だったが、怪我により回避。

復帰戦は9月に行われたG3のセプテンバーS。

このレースは4頭立ての上、オールウェザーと凱旋門賞の参考になるかは未知数。

一応、レースを貼っておきます↓

レース内容は参考外だと思うが2着はクリスタルオーシャン。

この馬を相手にこの結果なら怪我の影響は特に問題無さそう。

昨年より斤量は増えるがそこを踏まえても強い。

連覇の可能性も十分あり得る。

シーオブクラス

今年のヨークシャーオークスを制した馬。

どうやらブックメーカーのオッズを見てもエネイブルと2強のオッズになっている。

3歳牝馬が優勢なレースなので納得の人気という所。

まあこの馬も強いですよ。

コロネットを比較対象に出せば評価されて当然の馬だし。

陣営は良馬場を望んでいるようですが、

重馬場でのパフォーマンスの心配よりもまだ3歳牝馬で先があるからという事。

まだ重馬場で走った事が無いのでその辺りは未知数だと思う。

エネイブルとの斤量差で逆転も考えられるかもしれないが、

個人的には斤量差を含めてもエネイブルが優勢と見た。

シーオブクラスは追い込み馬なので脚質的にもエネイブルが有利。

さらに今回のゲートは15番。

外から追い込んで届くレースとは考えにくいだけに・・・

ヴァルトガイスト

前哨戦のフォア賞含め重賞4連勝から凱旋門賞へ。

フォア賞ではタリスマニック、クロスオブスターズに対し、

2馬身差以上の完勝で本番を迎える。

フォア賞でも手応え抜群でしたしね。

ここ数戦のレースを見ると昨年の凱旋門賞2着馬クロスオブスターズとは、

すでに決着がついていると思います。

ヴァルトガイストは3歳の昨年こそ善戦マンでしたが、

4歳の今が充実期だと思える戦績。

サンクルー大賞でコロネットを破った事を考えても、

牡馬筆頭で上記牝馬に対抗するならこの馬しかいないだろう。

前哨戦のフォア賞であの競馬なら本番はもっと違って来るハズ。

ファーブル厩舎3頭出しの中で最も勢いのある1頭だし、

今の充実度ならエネイブルに土を付ける事ができるかもしれない。

キューガーデンズ

オブライエン厩舎から今年は5頭出し。

主戦のムーア騎乗という事でこの馬がオブライエン厩舎のエース。

凱旋門賞と同舞台のパリ大賞ではCデムーロ騎乗のヌフボスクを完封勝利。

馬場こそ違えどパリ大賞の勝ち時計を考えると、

フォア賞よりも速い勝ち時計です。

そして3歳牡馬という事でパリ大賞より2キロ軽い56.5キロでの出走も魅力的。

唯一、ローテーション的な嫌いはあるが・・・

それもこの厩舎が凱旋門賞を考えての事だと考えると不気味な存在。

今年の出走メンバーを考えると強力牝馬に逆転出来そうな牡馬は、

ヴァルトガイストかこの馬しかいないと思う。

【凱旋門賞2018予想まとめ】

昨年に引き続き今年の凱旋門賞の主役はエネイブルで間違いなさそう。

斤量こそ課されますが、まあ化け物級に強い馬の可能性を秘めているし。

出走各馬を見渡してもブックメーカーのオッズ通りの力関係かな?と。

昨年こそ8番人気のクロスオブスターズが狙い目とブログで書きましたが、

今年はちょっと微妙かもしれませんね。

それとクリンチャー。

日本馬という事で気になる存在です。

1ゲートを引きましたがロンシャンは基本的に内枠有利↓

という事で紐に考える事も出来ますが・・・

ちょっと相手が悪いですね( ;∀;)

さすがに厳しいでしょう。

他の馬たちもここを目標に前哨戦を使って状態を上げて来るだろうし。

個人的にはエネイブルを対抗に、どの馬を本命にするか迷っています。

一つの指標がコロネットの存在ですね。

ここは基準になるでしょう。

そして穴馬の存在ですが・・・

ちょっと上の存在が強いのでそこまで狙える穴馬が多くないというのが本音。

ゲートが決まったことによってチャンスが出て来た馬もいるかな?とは思います。

基本は上記の馬が中心になってくる。

ただし、今現在の人気なら狙いたい穴馬がいます。

たぶんこのまま人気はしないでしょう。

ランキングの方で紹介します。

注目馬はこちら人気ブログランキングへ

とにかく外過ぎない枠が良かった。

予定通り一つ叩いて状態を上げて来るだろう。

人気所は強いと思うが穴馬一番手で考えたい。

【PR】毎週無料情報満載!今週は凱旋門賞の情報を無料で公開中!

ご登録の会員様には当たるまで永続保証の特典付き!

”この全てを永続的に受け取ることが可能!”

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

8割の方が儲かる!と実感!

無料なのに!精度が高すぎると驚きの連発!

春のG1連続的中を含め絶好調が止まらない!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

これまでの競馬情報サイトとはわけが違う!

オウマナビは精度の高さが『別格!!』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「厳選した3連単小点数でお届け!」

「プロの精鋭だから高配当の穴馬がわかる!」

「的中率はなんと!80%以上!

■更に実際の的中実績も相当なもの!こちらが証拠です!

<9月23日>
◆中山4R 2歳新馬
獲得配当【284万8200円】

<9月16日>
◆中山10R 初風特別
獲得配当【177万8700円】

<9月9日>
◆阪神10R ムーンライトハンデ
獲得配当【96万6900円】

更に的中実績をご覧になられたい方は是非下記からご覧ください!

オウマナビの的中実績を見る

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は毎日王冠も勝負レースとして公開!

そして凱旋門賞の有力馬情報も無料公開!

無料登録でこれだけの実績を叩けるサイトはそうない!

是非オウマナビの実力を”体感”してください。

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から無料予想を受け取る

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】