【アイビスサマーダッシュ2018】予想|出走馬分析など

アイビスサマーダッシュ2018の予想を中心とした記事です。

日本各地猛暑が続いている2018年。

少しは涼しくならないかな~という感じですが

このレースになると夏競馬も折り返しという感じ。

夏競馬の代名詞とも言える名物レースがアイビスSD。

それでは有力馬を中心に分析してみたいと思います。

まず、先週の重賞は2レースでした。

函館2歳ステークスはアスターペガサスの見事な差し切り勝ち。

追い切りも良かったし新馬戦からの上積みも大きかった。

ほぼ前残りの展開で1頭だけ外から突っ込んで来た脚を見ると、

このメンバー相手では力が上だったと思います。

もしくはよほど北海道が合うか洋芝が合うか。

1番人気のナンヨーイザヨイ。

外々を回される展開でしたね。

とはいえ最後に伸びを欠いていた。

初戦が恵まれての好走だったかと思わされる内容でもある。

今回だけでは何とも言えず次戦を見てみないと・・・という競馬だった。

力があればもっと上位との着差は縮めていたと思うだけに。

展開面含めアスターペガサスの力が上位だと思います。

他の上位勢は展開面の利が大きく何とも言えず。

まだまだ2戦目の馬も多く着差以上にアスターペガサスが強かったと思います。

そして中京記念。

ここは久しぶりに軸馬に自信があった1戦。

軸はロジクライ。

マイラーズカップは上位が全て追い込み馬。

その上、あの時計ではこの馬には厳しい。

なので、あの敗退は仕方なしという所。

左回りの舞台では4走前の節分Sが参考になりました。

馬場の荒れ具合といい、今の中京と似ていたし。

土曜日の馬場傾向もこの馬の脚質にバッチリでした。

斤量、追い切りといい嫌う要素が見当たらず。

ペースに左右されても、まず問題ないと。

ここは自信の軸で。

ただ展開の方が思っていたレース展開と違い、

淡々としたペースではなく前半が速過ぎた。

マイネルアウラートの影響でしょうね~。

そうじゃなければウインガニオンがもっと楽な展開だったと思うし。

結果的にグレーターロンドンに向く展開に。

前残りの展開に張っていたので3着、4着がひっくり返れば3連複は引っかかった。

もうちょいフロンティアが頑張ってくれれば、

だったのですが末脚勝負だったので仕方なしです・・・

フロンティアに関しては夏馬の可能性があると思っていたので重視。

この馬、左回りの方が良さそうですが夏場はやっぱり良いですね。

たぶん来年のサマーシリーズも使って来ると思うので要注目馬です。

このレースはかなりオッズが割れていました。

どう転んでもそこそこ配当がつく1戦。

しかしながら軸には自信ありというレース。

そこで反省したいのが券種。

ロジクライが軸ならグレーター、リアライブルどちらにワイドで流しても、

各900円オーバーの高配当。

馬連、馬単に関してもこの組み合わせにしては高配当というレース。

逆に3連複は5420円。これは安い。

ここが結局、馬券が上手が下手か?の分かれ目ですよね・・・

あまりにも自分の形に当て嵌め過ぎると損をする典型例でした・・・涙

このレースロジクライが軸であればワイドの上位人気配当が、

4点で最低7.7~最高12.1

という配当のレースでした。

そう。ロジクライさえ馬券内であれば1,2番人気が来ても、

どう転んでもプラス配当というレースだったんですよね。

何年競馬をやっていても、結局勝ち組は馬券の隙を突く。

ここが最大の課題なんだろうと思わされた1戦でした。

2018年は自分の形に当て嵌め過ぎて外したレースも多々あります・・・

そこで今週からは有料配信の参考買い目に変化を加えようと思います。

これまでは人気の盲点になりそうな馬をメインに探していた。

これから下半期は「券種の盲点」になりそうな馬に比重を置く。

これで2018年の下半期は勝負して行きます!

それでは本題のアイビスSDの方へ。

このレースは個人的に大好きなレースの一つ。

今年は新潟1000直に新鋭が参戦と面白い1戦になりそう。

人気上位濃厚はダイメイプリンセス。

それでは有力馬中心に一週前分析に行きます。

ダイメイプリンセス

CBC賞では9着と崩れてしまったが新潟1000直は2戦2勝。

確かに2戦とも外目の枠を引いたので競馬がしやすかったのは間違いない。

ただ、ラチを頼らず好位差しが出来るのはこのコースが向いている証拠。

仮に内目の枠を引いても競馬自体は変わらないと思う。

この手のタイプは普通に上位に来そうですね。

舞台適正良し、脚質良し。

ラブカンプー

3歳牝馬、51キロ、鞍上ミルコ。

さらにスピードがあるとなれば、まあ人気の1頭ですよ。

特にミルコがこの舞台がめっぽう強いとなれば。

いかにも狙いたいタイプの馬ですが、

当然の事ながら新潟1000直は初めて。

しかし、あくまでも今回は適正を見抜くレースだと思っています。

僕の場合は。

これで新潟1000直に適正があれば今後は軽視できない。

唯一、人気で軽視出来そうなのが今回。

直線競馬の適正あるかもですが、

無いかもですよ(笑)

枠関係なく、直線競馬でどういうレースが出来るか?

今回は様子見という感じの1頭。

レッドラウダ

新潟1000直はベストとも言える舞台。

しかし、近走は枠にも恵まれない中で2着3着。

やはり舞台適正は高い。

さすがにそろそろ外枠を引きたい所ですね・・・

韋駄天Sでダイメイプリンセスと同じ53キロであの着差。

今回の斤量を見ると外枠を引いてようやくという感じ。

舞台適正はあるが一週前の時点では

ダイメイプリンセス>レッドラウダ

という評価ですね。

レジーナフォルテ

昨年のこのレースで軽斤量を活かし3着だった馬。

そもそもこの舞台で未勝利を勝った馬で舞台適正は抜群。

韋駄天Sでは3番人気ながら12着と内枠が響いた結果かもしれない。

しかし、前走のテレビU福島賞では55キロながら完勝。

昨年よりも力をつけて来た印象の馬。

ベストとも言える新潟1000直で崩れたのは気になるが、

前走の内容を見るとそこまで心配する必要は無いかもしれない。

カラクレナイ

そりゃ少なからずG2を勝った馬で人気になるのは納得。

でも、この馬のベストパフォーマンスは阪神1400mですよ?

新潟1000直とは全く違う舞台です。

シルクロードSでも4着の馬で本来なら夏場休養してもおかしくない。

なんでこのレースなんだろうと・・・

力上位は納得ですが舞台適正が未知数過ぎて何とも言えない。

という事で有力馬を中心に分析してみました。

ラブカンプーやカラクレナイなどこの舞台が未知数な馬が人気上位。

この馬たちに関しては走ってみない限り何とも言えないですよ。

なんせ他に無い条件のレースなので・・・

ぶち抜くかもしれないし、からっきしかもしれない。

とにかく買いづらいとしか言えません。

そこでざっと予想オッズを見た感じで、

この人気なら狙い目かも?という馬を見つけました。

まだ一週前の時点なので、この人気で収まれば買いたいですね。

ランキングの方で紹介します。

注目馬はこちら人気ブログランキングへ

―【PR】――――――――――――――
無料登録で厳選買い目無料公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全額安心保障のサイト!

「競馬学会」

担当の馬券師が昼夜問わず
駆けずり回った情報を公開!

だからこそ得れる万馬券の数々!

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ 過去の的中実績がこちら! ■

<6月24日>
◆阪神11R 宝塚記念
獲得配当【49万2560円】

<6月24日>
◆阪神10R 花のみちS
獲得配当【2万1280円】

<6月24日>
◆東京10R 清里特別
獲得配当【146万6800円】

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

今なら無料登録で

「アイビスサマーダッシュ」の厳選買い目を公開!

無料登録でも当たるサイト!?

独占で得た情報は”ダテ”じゃない。

是非ご活用ください。

▼無料で勝負馬券を受け取る▼

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】