【フラワーカップ2018】予想|データや傾向からの注目馬は一体!?

フラワーカップ2018の予想を中心とした記事になります。

今回は過去10年のデータ、傾向などを中心に書いて行きますね。

桜花賞やオークスを控えた牝馬にとっては最後の前哨戦になるこのレース。

昨年はファンディーナがここで強い勝ち方をして、

怪物扱いされたレースとして記憶の新しい所。

それでは過去の傾向を元に今回の有力馬や穴馬を見つけて行きたいと思います。

まずは今回の出走予定馬がコチラ↓になります。

想定される人気としてはロックディスタウン、カンタービレ、

この2頭が有力となりそう。

本当にこの2着で決まるレースになるのか?

過去のデータを見て行きましょう!

まずは人気順の成績。

1番人気の成績が圧倒的に良いレースになってますね・・・汗

勝率もさることながら連対率は66.7%。

複勝率に至ってもほぼ80%と言って良い成績。

しかも、ここ3年は1番人気が順当に勝っているレースなんですよね。

2017年 ファンディーナ

2016年 エンジェルフェイス

2015年 アルビアーノ

この1番人気馬がシッカリ勝ち切っている。

果たして2018年はどうなるのか?注目の1戦です。

しかし、今年の場合は1番人気濃厚なロックディスタウンが阪神JFで1番人気に支持されながら惨敗・・・

特にあのレースは大外枠から行きたがってしまい最後は失速というレースだったので。

となると不安の残る1番人気になる可能性が高いですよね?

当然、巻き返す可能性もあるとは思いますけれども。

他馬が付け入る隙もあるハズ。

そこでローテーションを確認してみたいと思います。

御覧の通りなんですが重賞経由の実績馬が2頭しか勝っていないレースなんですよ。

新馬戦から連勝している馬もいるくらいのレース。

新馬戦から連勝したのはサクラプレジール。

他の勝ち馬は500万クラスや未勝利戦を勝ったばかりの馬が台頭しています。

前走1着馬が7頭1着になっている事を踏まえると連勝も多いと考えて良さそう。

今年の場合は前走1着の馬が8頭出走して来ます。

ノームコア

メサルティム

インヴィジブルワン

ウスベニノキミ

オスカールビー

カラリエーヴァ

ガールズバンド

キープシークレット

以上の8頭が前走勝利した馬たち。

特にインヴィジブルワン、キープシークレット辺りは芝で勝ち切れずダートで勝ち上がったが、

父馬はディープインパクト、ダノンメジャーと芝馬の仔。

厩舎も厩舎なだけに芝のレースでは侮れない感じもしません???

藤原英厩舎、矢作厩舎の両馬ですよ。

まあこの手のタイプの馬はあまり軽視はしたくないかなと。

次に脚質を見て行きたいと思います。

これ、スプリングステークスの傾向でも書いた通りなんですが、

やっぱりこの時期の中山らしい傾向が見られるんですよね・・・

逃げ、先行馬の成績が抜けています。

逃げ、先行馬の勝率、連対率を合算してみると、

勝率57.7%、連対率66.3%と圧倒的な数字を残している。

脚質的には前々を重視して考えたい所。

後は枠順次第と言えそうですね。

枠順については傾向などを踏まえて週末にでも書きたいと思います。

まずは過去の傾向から有力馬について書いて行きたいと思います。

ロックディスタウン

新馬戦でタイムフライヤーを破った馬であり、

札幌2歳ステークスでは牡馬相手に勝利した馬。

それもあって阪神JFで1番人気に支持されましたが、

大外枠という事で掛かってしまい9着に凡走。

1800mでは2勝を挙げており当然ながら見直せるレース。

1番人気が強いこのレースでは当然ながら有力馬と考えられる。

しかし、阪神JFの負け方が実際にどうか?という点は否めないし、

賞金を既に持っている藤沢厩舎の馬なのですんなり信頼はしづらい。

ここで強い勝ち方をするようであれば見直す手もあるとは思いますが、

チューリップ賞でラッキーライラックが強い勝ち方だったので何とも言えない。

新馬戦の相手は強かったといえ、札幌2歳Sのメンバーが・・・

カンタービレ

新馬戦では内で折り合いをつけてハナ差の2着。

外が伸びる馬場だったので馬場の影響も少なからずあったハズ。

続く未勝利戦では内で脚を溜める競馬をして早めに抜け出した所を、

きさらぎ賞で3着だったラセットに差し切られる競馬になった。

新馬戦はハナ差、未勝利戦ではクビ差という決着。

ただ、未勝利抜けした初めての1800mの内容が良かった。

相手が弱かったとはいえ、もっと時計を短縮できるような競馬の内容。

結果的には内で折り合いをつけた2戦の内容が活きた感じ。

京都1800mと中山1800mは当然変わって来ますが、

阪神の競馬の内容も悪くないし、内で揉まれても大丈夫。

このメンバーならいきなり通用しても。

トーセンブレス

阪神JF4着という結果を踏まえての人気になるとは思います。

新馬戦の中山1600mが衝撃的なデビューだった馬。

東京のレースと中山、阪神のレースを見比べると、

どちらかと言えば急坂があるコースの方が良さが出る馬だと思う。

ただ、上記のデータも示している通りですが、

逃げ、先行馬有利のレースなんですよねぇ。

この馬の場合は追い込み馬なので、その分は割引きが必要だと思う。

メサルティウム

新馬戦では折り合いに専念して追い込んだが3着という結果。

京都の未勝利戦では少頭数の1戦だったが行きっぷりが良く、

マイペースで逃げる形に。

結局はほぼ持ったままで押し切るような競馬になりました。

あの競馬でアドマイヤアルバやカフジバンガードを寄せ付けないのだから強い。

その影響があってかもしれませんが中山での500万の1戦は、

行きっぷりが良すぎて前半は掛かるシーンも。

しかし、前に壁を置いて上手く折り合いを付けると、

最後は捲って行くような競馬でシャドウアイランドを完封。

9番人気からの激走ではありましたが時計も優秀だったし、

人気が無さ過ぎた印象を受ける。

同じように内目の枠で折り合いを付けれればチャンスはありそう。

という事で有力馬を中心に分析してみました。

今週は4重賞ありますがブログの方で追い切りなどについても分析して行きますので、

良かったら参考にされて下さい。

このレースはロックディスタウンがやや抜けた人気になりそうですが、

過去の傾向などから考えると負ける可能性もあると思うし、

何より賞金を持っている藤沢厩舎の馬。

まあ普通に負けてもおかしくないでしょう。

という事で過去の傾向やデータなどから最も注目している馬をランキングの方で紹介しますね。

注目馬はこちら⇒人気ブログランキングへ

ここで連勝すれば3歳牝馬路線に一気に名乗り出そうな1頭です。

【PR】無料情報ならどこにも負けません!

※数ある競馬の有料情報。

うちのサイトは無料情報で他の有料を超えてます。

こんにちは。岡田と申します。

今回は数ある有料競馬予想会社を蹴散らす、

無料で的中を量産している超優良サイトを紹介します!

その名も【勝ち馬の定石】です。

「勝ち馬」を過去データ・生情報を元に定石に当てはめ、導く。

はっきり言って、シンプルに勝つ競馬を実現できるのは弊社だけです。

過去の的中実績 を見ても・・・

2/25(日) 中山08R:4歳上500万

三連複:01ー09-12

回収金額:41万4700円

2/25(日) 中山03R:3歳未勝利

三連複:02ー10ー11

回収金額:11万6200円

2/12(月) 東京07R:4歳上500万

三連単:16ー03-07

回収金額:13万4000円

無料情報で高配当を連発。

もう一度言います。「無料情報」です。笑

これ、活用しないわけにはいきませんよね?

これだけでなく、無料情報では数多くのコンテンツを揃えています。

・今週の重賞解析

・トレセン生情報

・重賞の思わぬ伏兵

・重賞の注目馬・過去データ

そこらの有料情報並みのコンテンツです。

そして・・・

今週は「フラワーカップ」の予想も無料で公開するみたいです!

※お見逃しないようご注意ください!

⇒ 登録はこちらから

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】