【シルクロードステークス2018】予想|一週前追い切り分析など

シルクロードステークス2018予想と一週前追い切りを中心とした記事になります。

今週と来週はG3が続くのでやや盛り上がりに欠ける印象はありますが、

このレースもメンバーがメンバーなだけに難解な1戦。

それに加えてハンデ戦という・・・

ハンデ頭はセイウンコウセイですが57キロで出走する馬も多いんですよね。

ここ最近は4歳世代の活躍が目立っている為、5歳世代の影が薄い状況が続いておりますが、

このレースには5歳馬の登録が多く見受けられます。

5歳世代の逆襲があるのでしょうか?

それでは一週前追い切りと共に見て行きたいと思います。

ダイアナヘイロー

1月17日栗東坂路稍重 一杯

51.9-37.3-24.4-12.2

ビッシリ追って全体51秒9、ラスト12秒2と好時計をマーク。

阪神でも好走していますが、やっぱり平坦コース向き。

スプリンターズSはこの馬にとって分が悪かったので度外視できる。

休み明けですが好走可能な舞台ですよね。

後はこの相手に55キロという斤量がどうなのかという所。

G1だとちょっと足りない印象を受ける馬なので、

この舞台では重視しても良さそう。

ただ、一つ叩くのが目的だとは思うのでその分どうだろう?

一週前追い切りは良いと思います。

アレスバローズ

1月17日栗東坂路稍重 一杯

52.6-38.1-24.9-12.5

一週前にビッシリ追ってこの馬なりに好時計をマーク。

ただ、やっぱりこの馬が人気するのかどうかわからない。

鞍上で過剰人気になる可能性はあると思うが・・・

前走ようやく1600万を勝った馬が2番人気?

これどうなるんでしょうかね?

本当にこの人気になるのであればいくらミルコでも厳しいと思うが。

このメンバー相手だと能力は一枚落ちるとは思います。

この馬まで普通に持って来たら、ミルコに逆らうのは不可能だと思う。汗

ナックビーナス

1月19日南W稍重 馬なり

73.4-58.1-43.8-15.1[5]

レース間隔が詰まっているのでごく軽めの調整。

最終追い切りに注目ですね。

ただ、冬場はこれで3戦目になるので状態は上げて来そう。

前走の内容も良かったと思えるし。

昨年は同じローテーションから京都牝馬Sを選択しましたが、

今年は適正距離の1200mに使って来ました。

馬はいいと思います。

やっぱり鞍上ですよね~。勝浦ジョッキー。

京都ですからねぇ。

そこはどうしても引っかかる点ではあります。

ファインニードル

1月18日栗東坂路重 一杯

51.2-36.9-24.2-12.4

単走ですが川田ジョッキーを背にビッシリ追って好時計を出して来ました。

阪神で良績の多いタイプの馬ですが京都も悪くない。

斤量の57キロは仕方ないと思いますが57.5キロで好走しているので、

斤量負けの心配は無さそう。

スプリンターズSでは枠の影響もあり終始外々を回されるロスがありました。

理想としてはセントウルSのように内目の枠を引いてロスなく競馬をすること。

川田ジョッキーなら内枠を引ければ先行すると思うし、

セントウルSのような競馬が出来そう。

一週前追い切りも悪くないしG3程度であれば力は上位。

セイウンコウセイ

1月17日南W良 馬なり

66.8-51.4-37.7-12.3[6]

一週前追い切りは悪くない。しかし前走も悪くなかったんですよ。

近走は調教の良さが結果に繋がっていないレースが続いている状態。

昨年2着の舞台だし復活してもおかしくはないが・・・

少なからずG1ホースですし。

昨年は55キロでの出走だったのが今年はハンデ頭の58キロ。

これは楽ではないと思う。

絶好調だったら話は別なんですけどね。

京阪杯で7着と復調の気配を示しているとは思いますが、

前走の相手に56キロでの結果。

今回は58キロでこのメンバー。

そこまで相手が強くないのでこのハンデも仕方なしか。

調教が良いだけに結果が欲しい所。

ディバインコード

1月17日南W良 一杯

69.1-53.2-39.1-12.7[8]

併馬はマイネルハニー。自身の時計は短縮しているので悪くは無い。

今活躍中の4歳世代の1頭です。

ここに来て一気に距離短縮して来ましたね。

今回は久々に浜中ジョッキーとのコンビでこのレースへ。

先行力はある馬なので前目の決着になれば台頭してくるかもしれませんが、

今回は明らかな格上挑戦の1戦になります。

初の1200mという点もどうかな?と思うし思っていたよりも人気しそう。

決め手がないだけに勝ち切れない馬でもある。

人気ほど魅力を感じる馬ではないが・・・

と上位人気が予想される馬を中心に一週前追い切りについて分析してみました。

ダイアナヘイローは休み明けですが坂路で好時計を出しています。

思っていたよりも良いと思ったのがファインニードル。

休み明けですがいきなりやれそうな感じです。

ナックビーナスは最終追い切り次第と言えそう。

セイウンコウセイは近走いつも調教が良いだけに何とも言いづらい。

一週前についてはこんな感じのメンバーです。

それでは上記の馬以外で一週前追い切りが良かった1頭をランキングの方で紹介しますね。

注目馬はこちら⇒人気ブログランキングへ



最強の関西情報社チェックメイトは

勝負の関西馬情報で

2018年も開幕週から万券的中!



過去3年の平均は9万円!

第23回 シルクロードS (G3)


今年も人気薄関西馬が
高配当を演出する

2018年も開幕週から万券的中

1中京1日目8R 1万1140円的中
1京都3日目10R 2万7420円的中
1京都2日目7R 2万6170円的中
1京都2日目5R 1万3810円的中
1京都2日目8R 1万1900円的中
1京都1日目1R 1万5300円的中

最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

シルクロードS・3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。