【セントライト記念2016】予想と出走馬分析

こんにちは。Dr.Kです。

今日はセントライト記念2016予想と出馬分析を中心に書きたいと思います。

今年のメンバーを見るとディーマジェスティが力では抜けている印象は受けますが、ラジオNIKKEI賞を制したゼーヴィントもレース間隔的にはちょうど良い感じもするし、大荒れは無さそう。

しかし、上位人気に予想される馬達は賞金も足りているので菊花賞への試走であることは間違いありません。

「菊花賞にどうしても出走したい馬がココをメイチで作ってくる」ハズ。

その辺りも考慮して予想したいと思います。

%e3%81%be%e3%81%8b%e3%81%b2%e3%81%8d

昨夜の凱旋門賞の前哨戦ニエル賞。

みなさんご覧になりましたか?

ルメールが計ったかのような差し切り。相手がそんなに強くなかったとはいえ、叩きのレースであれだけやれれば十分でしょう。

本番が楽しみですね~♪

何かまだ体がゆるいというか、追ってからの反応が鈍い感じがしたので一叩きして、凱旋門賞ではいつもの鬼脚が見れそうです。

この世代は本当にレベルが高いというか、良い馬が多い印象です。マカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティはもちろん強いですが、それ以外のメンバーもこの世代じゃなければ勝てる様な馬がゴロゴロ。

なんかもったいないですよね(笑)

ではセントライト記念の予想の方へ行きたいと思います。

ディーマジェスティ

抜けて1番人気でしょうね。どうやらダービーの後は北海道にリフレッシュ放牧に出していたようです。

当然のように勝ってしまうかもしれませんが、レース間隔も開いているし本番は菊花賞。

この厩舎の凄い所は現代のトレンドに逆らって結果を出している点。これは素直に凄いと思います。

ただしですよ?現代の競馬で大きな舞台で結果を残している馬は圧倒的にノーザンファーム系が多いです。

春に力が足りなかった馬でもノーザンファームで仕上げたら急成長する馬もいます。ビッシュもそうですよね。この流れは逆らいづらい時代だなと思います。

ゼーヴィント

正直、ディーマジェスティよりも今回は怖いかなと思う馬。この馬は完全に現代競馬のトレンドにマッチしている。

鞍上も想定で戸崎ですよね?

賞金は足りているが、一番逆らえない馬かなと現段階では思っています。ラジオNIKKEI賞も着差以上に強い競馬だったし。

マウントロブソン

この馬も上位人気になりそう。しかし賞金は足りている。ダービーがメイチの仕上げでしたよね。

堀厩舎ですから、完全に先を見据えた仕上げで出走しそう。今回は取りこぼしがあるかも。

プロディガルサン

この馬の場合はココで少しは恰好をつけたいところ。さすがにダービー10着では恰好がつかないですよね。

しかし、ダービーは一番不利な大外枠だったのでしょうがない。巻き返す舞台はここかも。

ざっと有力馬を見て来ました。

まあディーマジェスティが一番強いのは間違いないと思いますが、ステップレースなので勝ちにこだわりますかね?

鞍上が鞍上なのでこだわりそうな気もしますが(笑)

やっぱり上り馬で怖いのがゼーヴィント。ここまで3歳世代の上位馬と戦っていませんからね。試金石のレースになりそう。戸崎もそういう感じの騎乗をすると思うし。

軸にはしづらいのですが、賞金が足りないのでここがメイチの馬を1頭紹介します。

舞台設定は間違いなく合うし、賞金も微妙。菊花賞へ行っても通用しないこと位は陣営もわかっているはず。

だったら、ここをメイチで作って来る可能性大。外厩も今のトレンドにバッチリ嵌っている。ただし、鞍上がまだ未定の様なので鞍上次第という所。

注目馬はランキングで公開中⇒ 

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】