【中京記念2016】予想と追い切り考察

こんにちは。Dr.Kです。

今日は中京記念2016予想と追い切りを中心に記事を書きたいと思います。

夏場のハンデ戦ということもあり、実績よりもデキ重視か。さらに、サマーシリーズを考えている陣営の思惑もプラスで考慮したい。

人気馬でも、もう少し大きいレースを考えている陣営はこのレースをメイチで考えていない可能性もあると思う。

特にレース間隔が開いている馬には要注意かなと。毎年荒れるレースですし。

では有力馬の一週前追い切りを見て行きたいと思います。

ちゅうきょう

では今現在のnet競馬さんの予想オッズから。

ダッシングブレイズ  3.3

トウショウドラフタ  4.9

タガノエスプレッソ  7.1

ダノンリバティ  7.4

ピークトラム  8.0

以上が上位人気を予想される馬達です。実際はダノンリバティがもう少し人気しそう。

では追い切りの方へ。全体的にパッと見た感じなのですが、今週の栗東CWがずいぶん時計が出ているんですよね。安易に好時計=好調とは判断しづらいです。その辺りも考慮して行きたいと思います。

ダッシングブレイズ

7月20日栗CW良 82.1-66.0-51.7-38.7-11.7[9]稍一杯

時計だけ見れば優秀なのですが、いつもこのくらいの時計を出す馬。確かに中京での良績はあるが、少頭数やレースレベルが低い中での良績。

2走前の負け方も腑に落ちないし、調教もこの馬にしては特別良いとは思えない。馬券内はあるかもしれないが軸にしたいとは思えない。

トウショウドラフタ

7月20日南W良 54.0-39.8-12.8[3]馬なり

初の古馬との1戦でこの人気はどうでしょうね~。夏場に良績がある訳でも無しですし。17日の追い切りを見ても、自己ベストには遠い時計。まずは一叩きしてから、と考えるのが無難なような気もしますが。

タガノエスプレッソ

7月19日栗坂良  66.9-47.1-22.9-14.3馬なり

中間もそうなんですが、時計をほとんど出していない。おおよそ前走でしっかり仕上げて来ているからでしょうね。

前走はミルコが前残りの展開で上手く乗りましたよね。福永さん騎乗、1.7倍キャンベルジュニアを玉砕しましたからね(笑)

積極的に買うならば前走だったと思う。前走の影響で人気しているならば、今回はどうだろう。55キロは良いと思うが、前走の仕上げで満足してこのレースに臨むならば危険かもしれませんね。

ダノンリバティ

7月20日栗坂良 53.9-38.0-24.2-12.1強め

この馬の調教を見ていると、明らかに前走がメイチだったと思うんですよね。陣営含めて迷走していると思います・・・。

素質馬だから芝で結果が出なければダート。ダートの1級クラスに通用しなければ、また芝に戻す。それで結果が出なかったので鞍上を替えてみようと。

そんな感じにしか捉えられませんよね。調教も前走メイチでビッシリ追っていましたから。

ピークトラム

7月20日栗CW良  74.3-57.6-41.7-11.8[7]馬なり

調教から見れば好印象なのはこの馬。2週前にも好時計、最終も楽に好時計をマーク。上位人気馬の中では一番デキが良さそう。

好印象です。

【中京記念2016追い切りまとめ】

サラッと全体的な追い切り情報を見ていましたが、正直何が来てもおかしくないレース。

かなりカオスなレースですね(笑)

上記以外の馬で追い切りが好印象の馬がコチラ↓

注目馬はこちらで公開中⇒ 

終いを稍強めに追ったが自己ベスト。鞍上含め馬券内の可能性はあると思う。

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】