【函館記念2016】予想と先週の結果報告等

こんにちは。Dr.Kです。

今日は函館記念2016予想と先週の結果報告等を中心に記事を書きたいと思います。

函館記念。

昨年は目黒記念から直行のダービーフィズが制したレース。そして一昨年は同じく目黒記念から直行のラブイズブーシェがこのレースを制しましたね。

しかし、今年は目黒記念から直行の馬はいません。

いかに函館滞在期間が長いか?が予想を組み立てる上で重要なポイントになりそう。

そこもしっかり考えて予想していきたいと思います。

はこだて

まずはプロキオンステークスと七夕賞の予想結果報告から。

プロキオンステークス

◎ノボバカラ

〇タガノトネール

▲グレープブランデー

△ブライトライン

☆クラリティスカイ

結果

1着 ◎ノボバカラ

2着 消しニシケンモノノフ

3着 消しキングズガード

軸は来たが相手が来ないという最悪の予想。ニシケンモノノフに関しては、ノボバカラとの組み合わせが安すぎるのであえて嫌った。キングズガードに関しては過剰人気と判断。

結果は上位人気のグリグリの決着に・・・。

本当に申し訳ない限りです。すいません・・・。

七夕賞

◎シャイニープリンス

〇ダコール

▲ヤマニンボワラクテ

☆3,5,8,9,10,13,15

結果

1着 ☆アルバートドック

2着 〇ダコール

3着消しオリオンザジャパン

本当に下手クソな予想で申し訳無いです・・・。もういい訳も何もありません。

福島9レース織姫賞を観て明らかに「外枠不利」だとは判断したのですが、ココではシャイニープリンスの力が抜けていると思っていたし、重賞ならばその傾向も解消されるのではないだろうか?と思ったのですが、やはり厳しかった。

上位台頭している馬で外枠の馬はオリオンザジャパンのみ。掲示板を独占している馬は内枠の馬ばかり。

アルバートドックについては週中でも調教の良さ、右回り適正の高さについて書かせて貰ったのですが、まさに適正の高さを見せつけたレースになりましたね。

7月に入ってから苦しい予想が続いています。本当に心苦しい思いです。今は謝罪の言葉しかありません。

今週わかった事と言えば、福島競馬場の中~長距離レースに関しては来週以降も「外枠不利」の傾向が続きそうです。

芝の状態もまだまだ悪く無いので。

唯一、その傾向が変わるとすれば最終週のみでしょう。

そしてこの季節は「調教の良さがレースに直結する」と改めて思いました。

アルバートドックに関してもそう。転厩4戦目になるが、ほぼ自己ベストに近い時計を調教で叩き出していたんですよね。

調教を見るのが比較的得意としている僕ですが、それが提供レースに繋がらないと全く意味がありません。

函館記念では調教施設の関係上、滞在期間と同施設での調教という意味で馬の状態の比較が判りやすいレースになりそう。

では週頭で1頭狙ってみたいな?と思う馬を。

注目馬はこちらで公開中⇒ 

この馬ですが、前走は明らかな叩き。そしてココがメイチなはず。おそらく調教を見れば一目瞭然だと思う。

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】