【桜花賞2016予想】|一週前追い切りの見解

君よずっとしあわせに~風にそっと歌うよ~うぅいえぃ~

こんばんは。福山雅治です。

おっと、間違えた(汗)

某接骨院オーナーです。

今日は桜花賞2016一週前追い切り見解を書きたいと思います。

先週の大阪杯、ダービー卿チャレンジトロフィーは僕の追い切り推薦馬が全て馬券に絡みました。

追い切り推奨馬はキタサンブラック、マジックタイム、ロゴタイプでしたね。

桜花賞もぜひ参考にして下さい。

では早速いきましょう。

おうか

ちなみに桜花賞ですが、4年連続勝ち馬がチューリップ賞組なんですよね。

今年のチューリップ賞はシンハライトが制しました。

本番の桜花賞ではどうなるのでしょうか?

枠順次第で自信アリの2点買いとなりそうなので、最終結論は無料メルマガにて提供させて頂きます!

無料メルマガ登録は⇒ コチラからよろしくお願いします

メジャーエンブレム

前走 デイリー杯クイーンカップ 1着

前回  南W良 65.6-49.9-36.9-12.8 直強め

今回  南W良 64.6-49.6-37.1-12.5 直一杯

中間はノーザンファーム天栄に放牧。これはいつものパターンです。

この馬はノーザンファーム天栄帰りの成績が(4-1-0-0)あたりまえか(笑)

センスあり、素直、賢い、スタート上手。死角らしい死角が見当たりません。どう考えても桜花賞までは連は鉄板だと思います。

問題はオークスで距離が伸びた場合のみ。

ここで連を外すような馬ではありませんね。

シンハライト

前走 チューリップ賞 1着

前回 栗坂重 52.9-38.4-24.8-12.4 末強め

今回 栗坂良 53.1-38.4-24.5-12.0 強め

ノーザンファームしがらき帰りの成績が(3-0-0-0)

今回は前走から間隔がないので自厩調整です。

しかし、石坂厩舎の好走パターンの時計をいとも簡単に叩きだしている。

キャロットファーム、ノーザンファーム、ディープインパクト産駒。現代のトレンドを全て兼ね備えています。

もしもですよ?

この馬の単勝が3倍ついたら本当に馬券妙味があるかもしれません。

後は枠次第でしょうね。

ジュエラー

前走 チューリップ賞 2着

前回 栗P良 63.6-49.2-36.0-11.2 一杯

今回 栗坂良 51.6-38.1-24.5-12.4 一杯

藤岡厩舎はよくポリトラックを使用しますよね。中間は坂路ですが、これも体力づくりの為の調整です。最終はCWかポリトラックでしょう。

僕は今日までメジャーエンブレムに対抗出来るのがこの馬だと思っていました。

しかし、ちょっと気になる点があるので改めて考えます。

レッドアヴァンセ

前走 チューリップ賞 8着

前回 栗坂重 55.3-40.6-26.2-12.6 馬なり

今回 栗坂良 54.4-40.0-26.4-13.8 馬なり

前走は馬体重がさすがに減り過ぎていた。そして大外枠。

この馬はノーザンファームしがらき帰りの成績が(0-1-0-0)

そして今回も一旦放牧に出しています。

この馬は最終追い切りの時計と馬体重がカギを握ります。

僕が考えるレッドアヴァンセの買い条件は以下の3つです。

① 最終追い切りで時計短縮

② 馬体重増

③ 好枠を引くこと

以上の3点です。

これをクリアできれば連対の可能性アリと踏んでいます。

以上が有力馬の見解です。

本当はアットザシーサイドや他の馬についても書きたかったのですが、さすがに上記の馬以外にメジャーエンブレムに敵う馬はいないという結論に達しています。

以上の4頭で、どの馬が絶好枠に入るのか?

要注目です。

【桜花賞2016有力馬一週前追い切りまとめ】

この世代最強牝馬メジャーエンブレム。

さすがにここでも主役でしょう。

では一週前追い切りからみる推奨馬は?

追い切り注目馬はこちらで公開中⇒  

最初に言っておきますね。メジャーエンブレムは本当に強いと思いますし、ココで負けるとは思えません。

でも、何が起こるのかわからないのが競馬です。

実際メジャーエンブレムも1度負けていますからね。

枠順と最終追い切り次第で、思い切ってこの馬を単勝狙い撃ちするかもしれません。

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】