[ダービー卿チャレンジトロフィー2016予想]|過去データ等の紹介

こんにちは。某接骨院オーナーです。

ダービー卿チャレンジトロフィー2016予想と過去データ等の紹介をさせて頂きます。

さて1番人気になりそうなサトノアラジン。

香港ではまさかの凡走。

しっかり立て直してこのレースに望めるのでしょうか?

そして久しぶりに荒れそうな重賞ですよね。

中山1600m。特殊なコース形態でフルゲートの大外枠は完全に不利。

しかもハンデ戦。

では過去データと共にみていきましょう。

ダービー

まずは今現在の推定オッズと斤量です。

サトノアラジン  2.8        57kg

ダッシングブレイズ  3.8       56kg

キャンベルジュニア  4.6      54kg

ロゴタイプ  7.6          58kg

エキストラエンド  15.2      57kg

ヤングマンパワー  22.0      55kg

ダイワルベラル  24.5       56kg

マジックタイム  25.5       53kg

これぞG3というメンバーです(笑)さらに斤量も絶妙ですね。トップハンデはロゴタイプ。中山記念では上位3頭に決定的な着差をつけられ完敗。そのあたりも考慮したい所ですよね。

久しぶりに手広く買おうかな~という1戦。

最近は、◎、〇、▲、の馬連、ワイドで的中を量産していたのですが、このレースだけは絞り切れそうもない。

枠順も重要なファクターになりそうですし。

最終見解は無料メルマガにて♪

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ

【過去の傾向を考察してみる】

① 実績面では芝のマイルの前後1ハロン程度の重賞での好走歴が必要。

② ステップレースとしては東風S組が優勢だが、今年のメンバーではどうだろうか?

そもそも今年の東風S自体が荒れましたからね~。

11番人気のインパルスヒーローが1着でしたからね。

③ 3連単で10万超えが何と7回!

よだれが出そうなデータです(笑)

これは信頼出来そうなデータ。3着に人気薄の激走が多いんですよね。さすがハンデ戦。

今年のメンバーを見ても、いかにも荒れそうな匂いがしますよね。

ちなみに・・・

トップハンデの連対は14頭中1連対のみです。

ということはですよ?

ロゴタイプは疑ってかかるべきかなと思います。

【馬齢を考察してみる】

4歳 (3-6-2-35)

5歳 (6-2-4-26)

6歳 (1-0-2-37)

7歳 (0-2-1-19)

8歳以上 (0-0-1-13)

若い馬ほど好走していますね。

過去10年で6勝をあげているのは5歳馬です。

穴候補は馬齢が若く、ハンデに恵まれた4~5歳馬か。

【ダービー卿CT2016、過去データから見えてくるものは?】

過去データからも、かなり見えてくるものがありますよね。

しかし中山1600mだけは枠順が出ないと最終結論は出しにくい。

その中でも、狙ってみたい馬は?

注目馬はこちらで公開中⇒  

前走は度外視でOK。後はどの程度仕上げてくるのか?これに尽きると思います。

最近の競馬は平場でもそうですが、厩舎力がより問われる時代になっています。

例えば阪神大賞典で凡走したトーホウジャッカル。

ミルコが乗って過剰人気していましたが、厩舎力が弱すぎてこういう馬は現代競馬では馬券にならないんですよね。

以前の予想は過去の実績や調教等から、ある程度予想できましたが今は

「えっ?こんな馬なり調教だけで激走するの!?」

という馬が本当に増えてきました。そこにも根拠があるんです。

なので、それにいち早く気づいた人が馬券で勝てる時代なんですよね。

僕もまだまだ研究して的中馬券を量産し、息子に沢山おもちゃを買ってあげたいな~と思います(笑)

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】