【秋華賞2020】予想|ここは譲れないデアリングタクト

秋華賞2020の予想記事です。

今年の秋華賞は何と言ってもデアリングタクト。

ここまで4戦無敗ながら条件替わりもなんのその。

常に上り3ハロン最速をマークし秋緒戦はぶっつけで秋華賞を狙って来ました。

女王の風格という所か。

多くの競走馬は少なからず得手不得手というものがありますが、

デアリングタクトの場合オークスでそれをも払拭した感じ。

フォトパドックを見た限りでも仕上がりに抜かりは無さそうで

同馬を外して2020年の秋華賞で的中を狙うのはほぼ自殺行為。

しかし、この世代牝馬は他がほぼ横並びと言っても良いだろう。

紫苑S、ローズS共に紐荒れした事がそれを示していると思う。

予想オッズを見た限りでは紐荒れの可能性十分と思える1戦になった。

そこで注目馬を中心に分析記事を書いて行こうと思います。

秋華賞2020注目馬の紹介

デアリングタクト

新馬戦~桜花賞までのオッズを考慮するとパフォーマンスの割に人気していない印象を受ける。

脚質面から考えるとそれも納得でありエピファネイア産駒という事もあり半信半疑という人も多かったはず(僕もその一人)

オークスで1.6倍の人気を背負うが僕はまだ疑っていた。

オークスでウインマリリンに0.1秒差の勝利だが、ウインマリリンがほぼ完璧な競馬だった上で2着だった事よりも直線で前が壁になり右往左往しながら直線で全く別物の脚色だったデアリングタクトの強さが際立った。

明らかに1頭だけ別物で強い。

オークスこそ松山の迷いか進路取りに手間取ったのだが基本的に競馬上手な馬。

京都内回りがマイナスになるイメージは全くない。

同世代の1戦で簡単に負けるイメージがないので、ここは通過点か。

古馬との1戦でどうかという所ではないだろうか?

次戦エリ女だったらかなり面白い存在になりそう。

リアアメリア

ローズSを快勝し予定通りのローテーションで秋華賞へ。

ここでデアリングタクトに雪辱を晴らせるか?という1戦になる。

こちらはデアリングタクトと真逆で新馬戦の頃から単勝1.2倍と期待されていた馬。

阪神JFで1番人気に推されながら6着と土が着いた。

その後、桜花賞でも凡走しオークスでは4着と底力は示した。

ローズSではまさかの3番人気という不甲斐ない支持。

個人的にはこの条件でこそ!と考えていたので単勝GETすることが出来た。

デアリングタクトに比べ器用さに欠ける印象の馬でイマイチ条件に左右される印象を受ける。

だからこそ中京で行われるローズSがベスト条件だと思えた。

これが京都2000の条件だと同馬の良さが削がれるイメージがあり、

自身の力を全て発揮出来そうな条件とは言い難い。

能力の高さは認めるが秋華賞の舞台適正は高いと思えない。

ウインマリリン

オークス2着のウインマリリン。

ここまでの戦歴は(3-1-0-1)と同世代屈指の成績を残している。

オークス2着は横山典が大外枠からラチを取る神騎乗で7番人気ながら2着。

改めてフローラS勝ち馬の力を示した結果になった。

唯一大きく沈んだ若竹賞は鞍上の松山がやや消極的な騎乗であり、

1800という距離云々の問題ではないだろう。

切れるイメージの馬ではなくタフな競馬に持ち込んでこそ良さが活きるタイプ。

おそらく今回も鞍上が横山典なので選択肢は逃げか縦長の2~3番手という絶好のポジションを選択すると思う。

このパターンになると同馬の強さが発揮され、しぶとい脚を使い粘り込む可能性が高い。

オークスの舞台よりも秋華賞の条件の方が合いそうな1頭。

凡走するイメージが沸かない馬。

デアリングタクトに勝てるかは別として舞台適正はおそらくメンバー中最も高い。

マルターズディオサ

ここに入れば実績上位だった紫苑Sで5番人気の低評価を受けながら1着。

単勝をきっちり獲らせて貰った1戦でもあった。

阪神JF2着の結果は伊達じゃない。

唯一の懸念材料としては紫苑Sのメンバーが今回に比べ明らかに弱かった点。

ここまでの戦歴を踏まえるとおそらくベストディスタンスはマイル前後。

秋華賞はここ数年の結果を見ても追い込み馬が馬券に絡みやすい。

昨年もシゲルピンクダイヤ、一昨年はカンタービレ、2017年はディアドラが1着と差し、追い込み馬を軽視出来ないレースになっている。

前取りするならばウインマリリンの横山典がおり、ポジショニングが非常に難しい1戦になりそうだ。

おそらく紫苑Sほど楽な競馬にはならないだろう。

60日間全額保証をしてくれるサイトがあります!

こんなサイト今までに見た事ありますか!?

今、多数の競馬予想サイトで溢れ返っていますがその中でも

「本物の価値ある情報」がここにはあります。

  • 本物の人材を確保
  • 独自のデータマイニング
  • メディアでは取り扱わない情報

などなど本格予想でお客様に満足を与えるこのサイト。

その結果・・・リピーター率90%越え!を記録!

先週の関屋記念も高額配当の的中と連続の的中で今週も期待すべきところです!

正直このサイトを登録できる日は二度とないのでは?そんな風に思っておりました。

ちなみに、近走の的中結果がこちら!

さらに!帯封超えの特大馬券も的中されています!

ちなみに、今週は「秋華賞」を無料で公開することが決定しております!

会員登録後、厳選買い目情報が送られてきますので週末が楽しみで仕方ないですよこれは!

しかも、今週だけではなく、今登録すれば毎週無料で勝負レースの買い目情報が送られてきますので、登録しないほうが損しているといえるサイトです!

登録は以下のバナーから!メールアドレスを登録するだけで個人情報も問われませんので安心してお使いください!

秋華賞2020特注馬を紹介!

ウインマイティー

オークス3着の同馬。

おそらく4~5番人気に落ち着きそう。

紫苑Sではスタート一息ながらマルターズディオサに0.3秒の6着。

しかしこの内容は前哨戦と考えれば全く悲観する内容ではなく、

明らかに力を示した6着だったと思える。

オークスでは正攻法の競馬でデアリングタクト、ウインマリリン相手に涙を飲んだ結果だったがウインマリリンの横山典が完璧すぎる騎乗であり決して力負けではない。

デアリングタクトへの逆転は正直考えにくい所ではあるが、追い込みが効きやすい秋華賞ならばチャンスはある。

枠は不問で外なら外から道中INで脚を溜め4コーナーから外から強襲するだろう。

差し脚はこのメンバーで随一だと思うので軽視しない方が良い。

今年の秋華賞は目立つ上り馬が不在なので実績馬の着順が春と入れ替わるのかどうか?

という点が1番のポイント。

穴だと思える馬も勝ち負けまでは厳しいのではないだろうか?

馬場が悪くても力関係はこのメンバーだと大きく変わらないはず。

上手く馬券を組みたい1戦です!

競馬最強Teamが結成! 東と西のスペシャリストが無限の払い戻しを実現!

<<更に!>>

  • 無料登録で3万円分のポイントを進呈!
  • 今週は「府中牝馬S・秋華賞」の2重賞の予想を無料公開!こんな贅沢ありませんよ!

3万円分のポイントをプレゼントし、しかも重賞の予想を無料公開するとはなんとも自信たっぷりのサイトなのが、この「競馬トップチーム」です!

この競馬トップチームには”ある特徴”があり、競馬の本質を知るすべての分野のスペシャリストが、東と西それぞれの情報を持ち寄って提供するという情報サイトです。

他社では不可能な万馬券攻略も競馬トップチームでは最先端情報にて無限の払い戻しをお届けさせていただきます。

ちなみに、最近の的中だと100万オーバーの高額払い戻しを獲得!!

ここまで言われたらさっそく無料登録だけでもしたほうがいいのではないかと思いますよ?

今週に関しては重賞の予想をお届けしてくれるようですしこのチャンスは逃さないでください!

無料情報は毎週提供されるようですし、無料というより3万円分のポイントがもらたらむしろプラスみたいなものですからね!

これは「登録しないほうが損」ということでしょう!

是非1度、競馬トップチームを利用してみてください!

⇒ 無料登録はこちら