【皐月賞2020】予想|3ハロン理論から導く有力馬分析等

皐月賞2020の予想記事です。

このブログは僕が数年競馬予想ブログを運営して来た中で最も根拠のある予想に辿り着いた予想法を元に書いております。

その予想法とは同コースにおける相対的に前半3ハロン後半3ハロンに使える脚を重視するという予想です。

競馬予想ファクターは沢山あります。

血統、調教や追い切り、外厩、馬場や展開面を重視。

どれもこれも間違いじゃありません。

しかしこのコースでどの馬が最も優れた【脚】を使えるのか?

これを最も重視した予想ファクターはあまり見かけない。

しかしこれが相当重要であると僕は気付きました。

皐月賞が行われるのは中山芝2000m内回りコース。

現予想法においてこのコースが鍵となります。

今年の出走馬の中で同コースにおいて最も優れた脚を使えるのはどの馬なのか?

考えて行きたいと思います。

先週は理論馬が惨敗。同理論で初めての坊主だった・・

競馬なので負ける日があるのは仕方ないがこの理論を使い始めて初めて全く当たらない日曜日になった。

理論馬がことごとく馬群に飲み込まれる。

何故・・・?

負けるのは仕方ないが「なぜ理論馬が走らなかったのか?」その原因が重要。

そこで有料会員向けに回顧のメールを送らせて貰った。

レースを分析するのは大事な事で回顧から見えて来たこの理論の弱点も解って来た。

ブログでも回顧メールの一部を公開しておきます

※土曜日
<阪神5レース>
理論馬4番人気1着ショウナンナデシコ
前半36.6後半37.6
レースラップ前半36.8後半37.9
2着リネンファッションは初ダートで情報無く拾えなかったがショウナンナデシコは目論見通りだった。
終始3番手を確保し1着と理論通りの結果になった。
レースラップ、ショウナンナデシコの使える脚を考慮しても順当な結果だと思う。
他に過剰人気していた馬がいた為狙えるレースでもあった。

<中山9レース>
理論馬1番人気4着エバーミランダ
前半37.4後半34.8
レースラップ前半37.2後半34.6
このレースは勝ち馬アストラサンタンとエバーミランダがほぼ同タイムで僅差の1戦。
しかし逃げたアストラが勝ち追ったエバーミランダが4着。
両馬の比較であれば逃げたアストラをエバーが差すと考えていたが
今思えば前半後半ほぼ同タイムの馬同士なら前に行った馬が優位だった。
実際後半脚はアストラが34.6に対しエバーが34.5
これでは差す事は難しい。
ハナ差で追走していれば別だが。
2着ダノンポピーは特に優れた脚を使える訳ではないが全体時計は優秀。
よって結果的に脚を溜めた事が好走に繋がった。

<阪神11レース>
理論馬3番人気4着ビーチサンバ
前半36.0後半33.9
レースラップ前半34.5後半34.5
このレースラップから考えられるのはサウンドキアラが1着でビーチサンバが4着という結果。
おそらくビーチサンバがもう一列前で競馬が出来ていればもっと僅差だった。
サウンド、ビーチ、後半特化スカーレットカラーはもっと際どかったハズ。
このレースラップから見て取れるのはビーチサンバが脚を余したという事。

<福島8レース>
理論馬2番人気7着セイウンミツコ
前半34.3後半35.3
レースラップ前半33.7後半36.1
理論馬の後半3ハロン36.3
大荒れの1戦でしたが根拠は謎。
前半速いが速過ぎる程でもない。
単にジョッキーのレベルが影響したか。
減量騎手だらけの1戦では理論が全く通用しない可能性ありだと思った。
今後は理論馬がいても若手ジョッキーの1戦は見送る。

<福島11レース>
理論馬4番人気6着デザートスネーク
前半36.7秒後半38.0秒
レースラップ前半36.0後半37.9
デザートスネークの前半ラップを考えると後半垂れた意味が解る。
このレースラップにて2番手追走なら後半脚が抜けていない分垂れる可能性大。
上位着順3頭は全くの別路線組であり福島ダート1700でデザートスネークと脚を比較出来ない馬達だった。
3ハロン理論を活用するには難しいレースがこのケース。
ローカル開催はこのパターンが多くなりそうなので今後の参考にしたい。
おそらく今週も福島を狙うのであれば「後半に特化した別路線組」を軸に据えるかもしれない。

これを踏まえて「3ハロン理論」の盲点は

※馬場がどっちつかずでは理論が通用しにくい
※前傾になると位置取り良い理論馬が垂れて差される
※比較脚の無い馬が多いレースでは勝負しづらい

今週は修正点を加え勝負して行こうと思う。

【3ハロン理論競馬予想】のLINEを作りました。

毎週日曜日に理論に当て嵌まる馬を1~2頭無料で提供します

登録は↓

友だち追加

皐月賞2020を3ハロン理論から考察する

先週の惨敗から理論に修正を加えた今週の土曜日。

今日は好成績を収める事が出来た。

やはりこの理論を使うには馬場状態が重要であり良なら良、重、不良と馬場傾向がハッキリする事により狙える馬が変わる。

重、不良の阪神、中山は狙える馬がわかりやすかった。

先週日曜日のうっぷんを晴らす的中ラッシュ

やはりこの理論が優れている事は間違いないだろう。

阪神2R2番人気1着キャルブルー

阪神8R6番人気3着ミスターウインディ

中山8R8番人気2着ファインダッシュ

福島9R8番人気2着ウインドオブホープ

中山10R5番人気2着ラージヒル

福島11R1番人気2着タマモサザンクロス

etc・・・

前半戦で大して理論でもない馬が出た2レースで遊んだ分が余計だが後半戦は5連勝でフィニッシュ

3ハロン理論を上手く活用し今週こそは日曜日も連勝を狙う。

それでは今年の皐月賞。

馬場次第で上位台頭する馬が変わって来そうな印象を受ける。

土曜日終了時点で中山の芝は不良。

ここから天気が回復し皐月賞の頃はどの程度の馬場になっているか?鍵になるだろう。

まずは良馬場想定で有力馬の短評を書いてみます。

コントレイル

前半37.3後半35.8合計73.1

4コーナー3.3

前日段階で1番人気だが当該コースにおいて相対的に抜けてはいない。

仮に前傾ラップを刻む展開になれば後半脚が足りなく厳しいレースになる可能性あり

サトノフラッグ

前半37.4後半35.3合計72.7

4コーナー4.5

皐月賞を勝ち切る為にはもう一列前にいる事が理想的。

しかしそこはルメール

重馬場でも理論に当て嵌まる馬だが良でも悪くはない。

コントレイルに先着する可能性は高いのだが相対的にこのメンバーに入ると前半、後半共にやや足りない印象

そこがどう結果に繋がるか?

サリオス

情報なし

この条件を走っていないだけに完全なダークホース。

この馬が最も怖い存在かも。

クリスタルブラック

(重)前半37.9後半35.4合計73.3

4コーナー8.5

位置取り悪いが重馬場なら理論馬に限りなく近い存在だった。

重馬場の前傾ラップであれば同馬の後半脚が相対的に活きてもおかしくないレベル

馬場が回復しなければ一考しても良いだろう。

おそらく良馬場ならキレ負けする。

簡単に説明してみました。

そして今年の皐月賞で良馬場なら理論にバッチリ嵌る1頭をランキングの方で紹介しておきます。

注目馬 人気ブログランキングへ

詳しくは有料版の方で説明しますがこの馬舐めない方がいいですよ。