【フェブラリーステークス2020】予想|一週前追い切り分析等

フェブラリーステークス2020予想と一週前追い切り分析についての記事になります。

さて今週は2020年最初のG1フェブラリーSが開催されます!

ダートG1の1戦ですが好メンバーが揃ったレースになりました。

予想オッズの段階ではインティと前走初ダートで勝利したモズアスコット

この2頭が人気を分ける感じになっております!

おそらく当日も両馬が人気になって来るでしょう。

しかし両馬はここで初対戦。

力関係は全くわからない2頭の一騎打ちムードのオッズになりそうです。

さて舞台は東京ダート1600m。

枠順、馬場状態、展開がかなり予想へ影響するであろう1戦です。

枠順発表が楽しみですね!

それでは有力馬を中心に一週前追い切り分析の方へ行きたいと思います。

フェブラリーS2020一週前追い切り分析

インティ

2月12日栗坂良 強め

53.7-39.5-25.6-12.3

昨年このレースで勝利した時は一週前CW追い。

今年は坂路のみでの調整パターン。

この変化が何を意味するのか不明ではあるが同馬にしては

一週前の時計が特別目立つものではない。

最終追い切りに注目したい所。

前走控えた競馬が今回活きるか?

モズアスコット

2月14日栗坂稍重 馬なり

52.1-38.0-24.9-12.6

坂路で好時計を出す馬なので前走も買えた馬。

ダート初戦で舐められた前走が間違いなく1番の買い時だった。

時計を出せばもっと出せる馬だし、馬なりでこれなら上々。

最終は時計も出して来るだろうし、叩いた上積みはある。

芝のG1馬がここでダートの一線級と激突。

芝スタートの東京ダートマイル戦なら力は発揮出来そうだ。

後は枠順が全ての鍵を握りそうな1頭。

サンライズノヴァ

2月12日栗坂良 一杯

50.4-37.3-24.6-12.3

クリソベリルと併せ馬で先着し好時計をマーク。

ほぼ自己ベストに迫る時計で状態はかなり良さそうな印象を受ける。

同馬の場合、盛岡マイルCSのように少頭数で自身がレースを作れるならば

そもそもの力を発揮出来るイメージがある。

というかマイルCSでその適性が見出せた印象でもあります。

中央の多頭数で展開が鍵になると展開任せの脚質である事は間違いない。

戦績にムラがあるのは結果的にそういう事だと思います。

テン乗りの松山でこの馬の脚を上手く使えるかどうか?がポイントになりそうだ。

アルクトス

2月12日南W良 強め

67.7-53.5-40.7-13.3[7]

同馬にとっては決して速い時計とは言えず最終追い切りに注目したい所。

東京1400~1600のダート戦では未だ連対を外した事がない馬ですが

同舞台で行われるレースでは今回が最も相手が強い1戦になる。

確かに舞台適正は高い。

更に盛岡マイルCSでゴールドドリームにも先着している。

そして得意舞台。

買える要素も多々あるが、買えない要素も多々ある馬。

同馬の評価が予想を分けるポイントになるかもしれない。

ヴェンジェンス

2月12日栗坂良 馬なり

52.7-38.2-25.1-12.8

前走がこれよりも時計を出していない中で結果を出した。

いつも馬なり主体の調整なのでこれで十分と言えるだろう。

上積みはさほど無いと思うので前走なりに走れそうな印象はある。

今回穴人気しそうな馬ではあるが好走する為には様々な条件が必要な馬であり

チャンピオンズCでインティに0.5秒差だった事を忘れてはいけない。

東海Sインティ騎乗の武豊は明らかに今回を見越した競馬をした訳で

あの1戦でヴェンジェンスの評価が上がるのはいかがなものか。

そもそもチャンピオンズCではインティに完全に力負けしていた。

フェブラリーステークス一週前追い切りまとめ

人気所だけで見ると一週前追い切りが絶好なのはサンライズノヴァではないでしょうか?

ノヴァねぇ・・・

自分で競馬を作れたマイルCSは結果を出せたが中央開催のG1多頭数で、

同様の競馬は難しいと思うし、人気的にも正直狙いづらい所です。

同じような脚質で狙える穴馬は他にもいるので展開次第で一発という馬は抑えておいて損はないと思います。

その理由は東京ダート1600は枠や馬場が予想バイアスへの比率が高いと思う為です。

舞台適正で言えばアルクトスは有力ですが調教過程、オッズを考慮すると

特別狙いたい馬ではないし相手関係のレベルは上がる。

それならば強い相手に善戦し、この舞台が得意な馬を狙いたい所です。

同じような脚質であれば盲点になりそうな馬を狙いたい考えは一貫しております。

有料配信の方ではワイド馬券に徹底し今年の重賞回収率156%を達成。

【Dr.Kのワイド馬券2020】収支結果報告

ワイドは1,2点で勝負していますが回収率156%を維持するのがいかに難しいのか?

競馬に詳しい方なら一瞬で判断出来ると思います。

平場レース含め今年は回収率にトコトン拘る予想を提供したい。

その試行を2020年試していましたが、手応えがあるので宝塚記念までは有料配信を継続したいと思います。

月額は2800円程度です。

会員様と密に連絡を取り合う予想提供をしているので多数は考えていません。

今年は少人数で限られたコミュニティで競馬を楽しんでいます。

僕が思う有料配信の最善はこの手法だと思うので、このスタンスで楽しんで行きたいと思います。

参加したい!という方は

drknokeiba908@gmail.com

まで「参加します」とメール下さい。

今週末~宝塚記念まで有料コンテンツの方では会員専用LINEで直前予想や会員専用動画にて重賞の分析動画等を送らせて頂きます。

当面の目標は宝塚記念終了時ワイド回収率150%です。

そんなに簡単な数字じゃないのは皆さんの方が知っているかと思いますが、

現状それに近い水準を叩き出せているので可能性は高いと思っております。

気になる方はとりあえずメールを下さいませ。

お待ちしております。

それではフェブラリーS一週前追い切り注目馬をランキングの方で紹介します!

注目馬 人気ブログランキングへ