【東京新聞杯2020】予想|枠順確定後の最終結論等

東京新聞杯2020予想と枠順確定後の有力出走馬分析について書いて行きます。

東京新聞杯は昨年の勝ち馬インディチャンプが安田記念を制覇し

一昨年の勝ち馬リスグラシューもその後の活躍はご存知の通り。

春の重要なステップレースでもあり出世レースでもあります。

今年も3連勝中の4歳馬ヴァンドギャルドが出走し前日段階で2番人気。

1番人気はレッドヴェイロンで単勝10倍を切る馬は

ヴァンドギャルド、サトノアーサー、プリモシーンまで。

しかし、骨っぽいメンバーが揃った1戦でもあるの他馬も侮れない所です。

そこも含め有力出走馬分析の方へ行きたいと思います。

東京新聞杯2020有力出走馬分析

レッドヴェイロン

これまで12戦し馬券外になったのはたった1度だけという堅実派タイプ。

この戦績から読み取れるように相手なりに力を発揮する馬。

現6歳世代はスプリント~マイルで活躍している馬も多く、

アーリントンカップ上位勢はその後G1で活躍している馬ばかり。

東京では複勝率も100%で今回の鞍上はルメール。

勝負掛け間違いなし、と思えるローテーション。

ここでも好走は可能だと思うが決め手に欠ける馬なので

勝ち切るまでがどうか?という所。

下手に嫌うポイントは無いと思っている。

良くも悪くも相手なりの馬なので好走する可能性は高いだろう。

ヴァンドギャルド

レッドヴェイロンと人気を分けるであろう同馬がおそらく今回のポイント。

2歳の頃は新馬勝ち後、東スポ杯でいきなりの3着。

ヴェロックスに先着という事もあり素質の高さは間違いないだろう。

その後、結果を出せずにいたが昨夏休養し秋から3連勝と勢いは十分。

力を付けたのはまあ間違いないと思います。

前走ウェルカムSも馬場が悪い中で1頭外から強い競馬ではありました。

ただし、2着馬は12番人気7歳牝馬プレミオテーラーが重馬場を味方に上手く2着に残した特殊なレース。

3走前はさすがにレベルが低すぎるが2走前のメンバーも決してレベルは高くない。

今回は明らかに相手のレベルが上がる1戦になる。

東京の経験も1800しかなく「東京マイル」という条件では決して盤石ではないだろう。

今年の東京新聞杯は同馬の評価が1番重要かもしれません。

サトノアーサー

前走は余りにも馬場が悪く全くの参考外の1戦と言えるだろう。

2走前が長期休養明け緒戦になったがロードマイウェイ相手に2着と地力を見せた1戦だった。

能力は高く、ここも本来の力を発揮出来れば好走も可能だろう。

良馬場の方が良い馬でもあり今週の馬場なら本来の走りが期待出来る。

ここのメンバーに入っても全く見劣る馬ではない。

唯一、東京のマイルがベストか?と言えば距離はもっとあってもいい馬なので

条件的にはベストとは言えない所がやや気がかりな点だ。

プリモシーン

ここ2戦が大きく崩れており、ノーザンファーム天栄に立て直しの放牧。

左回りのマイル戦となればこの馬にとってベストとも言える舞台が今回だ。

直近2戦が崩れているのにも関わらず人気になっているのは鞍上の影響かもしれない。

条件はベストだが今回はこのメンバーを相手に56キロは重いのではないだろうか?

そして高速馬場の方が良い馬でもあり、今の東京が合うかは微妙な所。

それでいながらこの人気では手を出しづらい印象を受ける。

クリノガウディー

休養明けでこのメンバーを相手に56キロ。

今の東京で決してプラスではない7枠という事もあり厳しい競馬になりそうだ。

仮に瞬発力勝負になったとしても同馬より末脚鋭い同タイプの馬もおり、

この馬が上位に来るようであれば他馬の方が優位だろう。

よほど嵌って掲示板が精一杯なのではないだろうか?

レイエンダ

乗り難しい馬の印象はあるが前走は大外枠で厳しい競馬になった。

今回は枠も良く富士Sを見直せる1戦になってもおかしくない。

これまでもスローの瞬発力勝負で結果を出している馬でもあり、

展開面も今回は恵まれる可能性が高そうだ。

好メンバーが揃ったG3の1戦だがこの馬も力で見劣る事はない。

57キロも背負い慣れているので斤量面の不安も無し。

後は鞍上が乗りこなせるかどうかだけ。

ーー【PR】--------------------------

※2020年競馬で勝つためにお勧めのサイトを紹介!

「勝つ」「稼ぐ」ための競馬予想サイト

【GLORIA】の予想を見逃すな!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2月1日(日)無料情報にてワイド12600円獲得!

厳選買い目情報は毎週無料で提供中。

90%を越えるリピーター率を達成!

今週は【東京新聞杯】の無料情報を提供!

⇒今日からGLORIAの予想を受け取る

東京新聞杯予想まとめ

土曜日は東京新聞杯と同じ舞台で節分Sが行われました。

1番人気はスイープセレリタス。

結果は8着に惨敗。

個人的にはヴィッテルスバッハから的中。

有料会員向けのワイド回収率も別記事にまとめて公開しますね!

このレース1着ウーリリや2着のルーカスのような位置取りが今回のレースでも重要になりそうです。

レッドヴェイロンは枠も良くポジションも好位置を確保出来そうな所。

ヴァンドギャルドも決して位置取りは悪くならないと思います。

節分Sの勝ち時計が1分33秒5なので東京新聞杯は1分32秒後半の時計が出るかもしれない。

もしくは1分33秒台前半。

となると東京マイルの持ち時計にも注意は必要。

しかも春先の超高速馬場ではなく今時期の時計が大事だと思います。

そこも含め前日オッズで最も穴だと思える1頭をランキングの方で紹介します。

注目馬 人気ブログランキングへ

いきなりですがみなさん。
競馬予想においてこんなことないですか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これらを解決するのが今回ご紹介する「勝馬の栞」です!

元競馬エイトトラックマン「高橋績」氏監修のもと、エージェント、生産関係者、外厩スタッフ、造園関係者などから最高良質の情報を入手しているんです。

実際、このような馬券を毎週のように的中させかなりの指示を集めているわけです!

はっきり言って競馬は情報だな・・・と勝馬の栞を利用すればまじまじと思わされますよ(笑)

なんにせよ、これだけ「当たる」というのがこの勝馬の栞の強烈な武器。

なぜこれだけの的中を出せるのかはやはり「究極の情報」なんですよね。

ホントかよ!?

そんな風に思われる方もおられるかもしれませんが、まずは無料なので試してみてはいかがですか?

きっともっと早く登録しておけばよかった!と、後悔するはずですよ(笑)

無料登録はメールアドレス入力だけで簡単なので是非試してみてください!