【フェアリーステークス2020】予想|日曜中山内枠有利傾向

フェアリーステークス2020枠順確定後の最終予想についての記事です。

前日段階のオッズではルメール騎乗アヌラーダプラが1番人気。

単勝10倍を切る所ではダイワクンナナ、シャインガーネット、スマイルカナ

上記4頭が人気の中心という形になりました。

レース経験が少ない3歳牝馬の1戦なので難解なのは間違いありません。

特に舞台が中山マイルなので適性も考慮したい所。

この舞台だと枠順もかなり重要な予想ファクター。

日曜中山の枠傾向も重視したい。

それでは枠順確定後の最終予想の方へ行きたいと思います。

フェアリーS枠順確定後の見解

人気所の枠順は大外に入った馬がおらず内~中に綺麗に収まった印象を受けます。

1枠1番スマイルカナ
2枠4番ダイワクンナナ
5枠10番シャインガーネット
6枠11番アヌラーダプラ

有力馬達は及第点と言える枠順になりました。

後はこの枠順をどう活かせるか?

鞍上の手腕に掛かって来ます。

そこも踏まえ予想を完成したいと。

それでは有力馬分析の方へ。

アヌラーダプラ

新馬戦が中山マイルでノーステッキでの勝利。

前走は条件替わりで東京1400の1戦でしたが三浦がギリギリまで追い出しを待つ形に。

追い出してからコミカライズをアッサリ交わして上り33秒3を計測。

レースセンスも高く器用な馬でもあり、ここはまだ通過点のレースと考えて良さそうだ。

大崩れするタイプとは思えず、人気だが上位台頭は必至だろう。

素質もおそらくここでは上だと思える。

シャインガーネット

こちらも2連勝中の身で中山新馬戦の勝ち時計も優秀。

赤松賞の勝ち時計も優秀で機動力もある。

決め手もある馬なので今回のメンバーなら大崩れは考えにくい所。

この2頭に関しては甲乙付け難く勝ち負けしてもおかしくない。

他馬をどう拾うか?を考えたい所だ。

素質だけならアヌラーダプラの方が上かもしれないが現状大差ないだろう。

スマイルカナ

赤松賞は直線の攻防を見てもどうやら力負けした印象を受ける。

ただし今回は中山マイルで絶好枠を引いた。

土曜中山マイル戦でも内枠が明らかに有利だった事を踏まえると

有力馬2頭に比べこの枠は明らかにプラス材料だ。

赤松賞の着順は中山マイルで逆転する事は可能。

穴狙いで行くならこの馬から内枠の馬を狙うのも面白いのではないだろうか?

ダイワクンナナ

初戦のレースレベルを考慮してもさすがに人気し過ぎではないだろうか?

東京マイルの時計を考えてもこの馬が来るならアヌラーダプラ、シャインガーネットの方が上。

この馬が仮に中山適性が抜群に高いなら突き抜けるかもしれないが現状・・・?

枠は良いがあくまでまだ1勝馬。

正直買いづらい印象の1頭というイメージ。

※フェアリーステークス特注馬を無料提供!

栗東、美浦情報を得るスペシャリスト集団!

今年のフェアリーステークスで最注目の馬はこれだ!!!

⇒フェアリーS特注馬を無料で見る

フェアリーS2020最終見解等

今年のフェアリーステークスですが1,2番人気馬は中山マイルでも好走しており、

舞台適正に疑いようはありません。

後は優劣の付け方や他馬の取捨になると思います。

シンザン記念ではランキングの方で紹介したプリンスリターンが2着という結果になりました。

見事2着という結果に。

原田初の重賞制覇目前!というレースでしたが見事ルメールに持って行かれる結果・・・

馬質を考えれば本当によく頑張ったという結果だと思います。

勝ちに行っての競馬だったし、あれで差されたらしょうがないですよね。

さて今年のフェアリーS。

人気2頭は10番、11番となりました。

日曜最終中山1600で1番人気7番カルリーノが飛び、2番人気13番メッシーナが飛んだんですよ。

そして内枠、先行力を活かした13番人気トーラスジェミニが1着と波乱の結果でした。

枠の傾向は明らかに内目の方が良く、そこは予想の中に入れておいた方がいいと思います。

中山マイルは内枠有利傾向があると言いますが、開催時期によっても違うんですよね。

しかし今の馬場は明らかに内目が有利ですよ。

なので穴党の方ならスマイルカナを重視し人気2頭を嫌う馬券も面白いのではないでしょうか?

僕は今現在8頭を消しているので上手く穴馬を拾いながら的中を目指して行こうと思います。

8頭を消せているので実質8頭立てのレースだと判断しました。

後はどの穴馬を拾えるか?で回収率は変わって来ます。

しっかりチョイスして行きたいですね。

それでは枠順確定後穴だと考えている1頭をランキングの方で紹介しておきます。

注目馬 人気ブログランキングへ