【菊花賞2019】予想|枠順確定後の最終見解等

菊花賞2019予想と最終追い切り枠順確定後の最終見解について書いて行きます。

今年の菊花賞前日となりましたが前日オッズではヴェロックスが想定通り1番人気。

2番人気がルメールの影響かニシノデイジーとなっております。

そして順当に3番人気がワールドプレミアですがスミヨンの影響でヒシゲッコウまでが単勝10倍を切るオッズに。

実績では抜けているヴェロックス。

しかし距離不安の影響かグリグリの1番人気という訳ではない。

オッズ的にも今年の菊花賞は妙味がありそうだし一発の魅力はある。

確実に仕留めたい1戦ですね。

それでは最終的に注目馬に見解についての見解になります。

1枠1番ザダル

これまで通り前走後はノーザンファーム天栄経由で菊花賞に出走。
新馬戦から連勝後プリンシバルを勝ちダービーという選択肢もあったがレース間隔を考慮し休養へ。
休養明け緒戦が初の重賞チャンレジになった訳ですがそれでいて3着なのだから能力は高い。
立ち回りの巧い馬なので内枠は歓迎。
スタミナもあるので3000mもこなせるだろう。
課題としては初の関西輸送と京都コースへの対応だ。
中山では坂を登ってから伸びていたように京都の外回りでスピードを活かせるかどうか。
追い切りでは好時計を出しているので状態は申し分なし。

1枠2番ニシノデイジー

これまで勝浦がずっと騎乗していたのだがここに来て鞍上ルメールと超鞍上強化の1戦。
ノーザンファーム系の馬ではないので力があっても鞍上共に常に人気がある程度に落ち着いていた。
ダービーでは同世代力上位を示し単勝107倍ながら5着という結果だった。
さらにヴェロックス相手に0.1秒差であり上り34秒3はヴェロックスと同タイム。
やはり力はある。
追い切りでも好時計を出し目論見通り一つ叩いて状態は上向き。
昨年の菊花賞同様、道中何も動きがなく直線での瞬発力になった場合は上位台頭も。
懸念材料としては高木登厩舎が関西の競馬場かつ芝で勝ち切れるのか?という点。
それに加え鞍上ルメールの影響で人気的にも買いにくい面がある。

3枠5番ワールドプレミア

終いは確実に伸びて来る馬であり神戸新聞杯でも上りは最速。
エンジンが掛かるのが遅い馬なので距離延長でも問題無いだろう。
厩舎も本番への仕上げにおいては抜かりがないので追い切りでも明らかに前走以上。
ここは好走必至か。
春こそダービーに出られなかった馬ではあるがヴェロックスとの戦績通り重賞でも通用する力は十分。
京都コースへの不安はなく人気所でも不安要素が少ないタイプ。
内目の枠を引いた事でロスのない競馬が可能になり後は鞍上武豊次第。
武豊はこのコースを得意にもしているのでここは信頼できるだろう。

4枠7番ヒシゲッコウ

札幌2600mをこなしている通りスタミナは豊富。
京都3000mも問題無くこなせそうだ。
今現在2連勝中ではあるがここ2戦の相手はお世辞にも強いとは言えないメンバー。
今回は一気の相手強化の1戦になる。
しかしスミヨンの影響か人気になっています。
追い切りもここに入ると見劣ると思えるので過大評価は危険かもしれない。
プリンシバルでもザダルにぶっちぎられている点は一考するべき。

5枠10番カウディーリョ

札幌の新馬戦ではリオンリオンを破り1勝目。
その後アイビーSではモレイラを鞍上に2番人気の支持を受けたが7着という結果に。
青葉賞11着後立て直しで挑んだ1戦が札幌の2勝クラス。
そこを経由し菊花賞へというローテーション。
調教でも好時計を出しており状態は良さそうではある。
プラス要素と言えば鞍上が勝負強いMデムだという事。
しかし現状の力ではサンシロウとクビ差という馬であり関西圏への輸送も未経験。
さらに今回は相手強化という1戦になるのでそう簡単ではない1戦になった。
現状の力でどこまでやれるかだろう。

6枠11番シフルマン

若葉ステークスではヴェロックス、ワールドプレミアに続く3着。
その後、新潟、阪神を快勝し挑んだ神戸新聞杯。
結果的には5番人気7着という結果だったがほぼ力通りの結果になったか。
休養明けでハナを切ったという点を考慮すると今回は巻き返しの可能性はある。
しかしこの舞台でもヴェロックス、ワールドプレミアという2頭には正直分が悪い。
課題点はやはり京都に良績が無い点。
この舞台でこのメンバーだと力はやや見劣ってしまうのは仕方なしか。

6枠12番レッドジェニアル

神戸新聞杯では上位に離されはしたが先行するという今までない競馬だった。
叩きの1戦と考えれば収穫のあるレースになったと思われる。
このメンバーで重賞勝ちがある1頭であり京都新聞杯ではロジャーバローズを破った馬だ。
戦績にムラがある馬ではあるが京都を得意にしている。
その理由として考えられるのが持続性があるスピードを活かす競馬の方が合っていると思われる為で一瞬の脚を使うよりはスピードの持続性が問われる方がこの馬に合う為だ。
昨年の菊花賞は特殊な競馬だったが基本的にこの舞台は持続性がある脚が求めらる。
舞台的にはバッチリと言っていいだろう。
鞍上の酒井もトーホウジャッカルで菊花賞を制覇。
巻き返しの舞台と考えれば十分チャンスがある1頭だと思う。

7枠13番ヴェロックス

まあどう考えてもこの馬が主役という菊花賞になるでしょう。
追い切りでもこの厩舎らしく最終で余力残しながら好時計。
鞍上も川田でこの鞍上でダメなら諦めがつくレベル。
距離に関しては未知数ですがそれはどの馬も一緒。
単純な能力の比較ではこの馬がメンバー中最上位なのは間違いない。
京都も全く問題ないですし。
この馬から入るのがベターかもしれないが個人的には逆転候補もいると思っているので一発狙う。

7枠14番サトノルークス
良血馬で期待されていた1頭だが春は3連勝から皐月賞、ダービーへ挑戦も惨敗。
夏を全休し秋の始動戦はセントライト記念をチョイス。
池江厩舎でこのレース選択は確実に菊花賞への出走権を確保する為だったと思われる(神戸新聞杯では分が悪いと判断したのでは)鞍上はここで福永。
福永は折り合いをつけるのだけは上手いのでこの馬とも手が合うだろう。
前走以上の状態で望める1戦だと思うし春とは違う結果も期待出来そうな1頭だ。
京都という舞台も問題無くこなせるし人気も無いが注目の1頭と考えて良い。

7枠15番ホウオウサーベル
ここ2戦は本当に強い競馬だったと思います。
この馬も夏を超えて成長しているのは確かで鞍上蛯名ともなると応援したくはなりますよね。
スタミナ豊富な馬でもあるので距離に関する不安はない。
課題としては左回りの良績だけで右回りに対する不安と初京都という点。
ここ2戦がまあまあ強い相手と戦って来たのでここに入っても力が明らかに劣る訳ではないが
この舞台に不安は拭えない所。
やや穴人気になっているようだが京都で積極的に買いたい理由が見当たらないのが本音。
自己条件ならオープン辺りまでアッサリ行けそうな馬ではある。

「信頼の情報競馬!」

【第80回菊花賞

極秘情報公開決定!!

先週も3点で当然の本線的中!

””重賞以外の勝負レースも多数存在!””

他では知り得ないマル秘情報を

競馬総本舗 Million では極秘に公開中!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週のマル秘攻略情報を受取る

>>登録はこちら!<<

菊花賞2019予想まとめ

今年の菊花賞はダービー馬不在の上、神戸新聞杯をぶっちぎったサートゥルナーリア不在となりました。

その中でもヴェロックスは実績能力共に上位。

ここは疑いようのない馬ではありますが他は大いにチャンスがある1戦になったと思います。

その中でも注目はワールドプレミアが距離延長で逆転するのかヒシゲッコウという新星がこの2頭を負かすのか?

注目の1戦ですね。

最終的な予想に関しては有料verの方でお届けします。

⇒Dr.Kの競馬予想有料ver

それでは枠順確定後注目の1頭をランキングの方で発表します!

注目馬 人気ブログランキングへ

いきなりですがみなさん。
競馬予想においてこんなことないですか?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

これらを解決するのが今回ご紹介する「勝馬の栞」です!

元競馬エイトトラックマン「高橋績」氏監修のもと、エージェント、生産関係者、外厩スタッフ、造園関係者などから最高良質の情報を入手しているんです。

実際、このような馬券を毎週のように的中させかなりの指示を集めているわけです!

はっきり言って競馬は情報だな・・・と勝馬の栞を利用すればまじまじと思わされますよ(笑)

なんにせよ、これだけ「当たる」というのがこの勝馬の栞の強烈な武器。

なぜこれだけの的中を出せるのかはやはり「究極の情報」なんですよね。

ホントかよ!?

そんな風に思われる方もおられるかもしれませんが、まずは無料なので試してみてはいかがですか?

きっともっと早く登録しておけばよかった!と、後悔するはずですよ(笑)

無料登録はメールアドレス入力だけで簡単なので是非試してみてください!

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】