【菊花賞2019】予想|一週前追い切り後の見解等

菊花賞2019予想と一週前追い切り後の見解について書いて行きます。

今年の秋華賞は春の実績馬がワンツースリーという決着になりました。

菊花賞の方もダービー馬ロジャーバローズ不在の上神戸新聞杯を圧勝したサートゥルナーリア不在。

推し出されるようにヴェロックスが1番人気という様相の1戦です。

秋華賞同様春の実績馬が上位に来るのかはたまた秋華賞とは違い夏の上り馬が台頭して来るのか?

舞台は京都3000という事でスタミナも問われる舞台。

今年の牡馬路線は牝馬に比べ混戦模様の中安定株と言えばヴェロックスしかいない。

そこに神戸新聞杯で上り最速を繰り出したワールドプレミアが距離延長で逆転出来るかどうか?

ここが予想の中心になりそうですが神戸新聞杯はあくまでも前哨戦。

そこも踏まえて最終結論を導き出したい所。

それでは有力馬を中心に一週前追い切りについて分析してみたいと思います。

秋華賞の方はもっと馬場が渋ると想定した1戦だったので思っていたよりも相当良馬場で行われました。

結果的にはほぼ良馬場という中で力がある馬がそのまま上位という結果になったと思います。

個人的には全く見当違いの結果になってはしまい非常に残念ではありましたがおそらく菊花賞はまた違う結果になると考えてます。

ヴェロックスは明らかにここに入れば強いですが他が不明過ぎるのが秋華賞との違い。

そもそも今年のダービーはリオンリオンの暴走によりペースが崩壊した為サートゥルナーリアは撃沈し絶好位を確保したロジャーバローズが勝利。

サートゥルナーリアは神戸新聞杯で改めて力を示した形になったのだがダービー2着ダノンキングリーは菊花賞に出ずサートゥルナーリアも不在。

唯一地力上位ヴェロックスのみが出走となった。

こうなった時点で春の実績馬が秋華賞よりも圧倒的に少ないメンバーでの1戦になったという事。

秋華賞に比べ他馬にチャンスが生まれる菊花賞になりそうだ。

そこで今年の菊花賞においてどうしても狙いたい1頭がいる。

様々な要素を考えた時に好走するならこの舞台だ、という馬がいるんだ・・・

ヴェロックスを逆転するのはワールドプレミアじゃあない。

別にワールドプレミアがヴェロックスを逆転してもいい。

その1頭先にこの馬がいれば勝利なワケだからだ。

根拠はある。

この馬の走りをずっと見て来て好走、凡走の内容を考えた場合チャンスがあるのは今回しかない!と思えるから。

お前さんと一緒に戦おうと思っている。

菊花賞2019一週前追い切り分析

ヴェロックス

10月10日栗CW良 強め

81.7-66.3-51.4-37.9-11.8[7]

強めに追ってコース取り時計共に前走より優秀。

神戸新聞杯以上の状態でまず間違いない。

自己ベストがダービー時なのでそれに比べればという感じですが十分。

ワールドプレミア

10月9日栗CW良 一杯

82.2-66.7-52.5-39.0-12.4[5]

時計的にはそこまで速い訳ではないが一週前に鞍上を背にビッシリ。

実質これが本追い切りと考えて良さそうだ。

最終はいつも通り坂路の可能性が高い。

おそらく前走で仕上がっていた為に調整程度だろう。

この馬は神戸新聞杯で権利を獲らなければならない1戦だった。

前走時維持とみて良さそう。

ニシノデイジー

10月9日南W良 一杯

67.6-53.5-39.4-12.3[5]

一週前ビッシリ追って気合入れたイメージ。

これでセントライト記念以上のパフォーマンスは期待出来るだろう。

今回は非ノーザン系のこの馬にルメールが騎乗する。

そもそもホープフルステークスではサートゥルナーリアと好勝負を演じた馬。

そしてダービーでも5着。

状態は上がっているので侮れない1頭になりそうだ。

ヒシゲッコウ

10月10日南W良 一杯

68.3-53.7-38.6-12.3[6]

特別速い時計ではないがこの馬自身という感じ。

札幌で賞金加算し菊花賞を狙って来た上り馬。

スタミナは札幌で示した通り長丁場が合うタイプ。

しかもここまで4戦全て上り最速の上、鞍上はスミヨン。

今回のダークホース候補の1頭。

このメンバー相手にどこまで通用するのか注目の1戦。

ホウオウサーベル

10月9日南W良 強め

82.5-66.4-52.2-38.5-12.3[4]

この前にもビッシリ追って自己ベストをマーク。

追い切りでは好時計を出して来た。

春は重賞で結果を出せなかった馬だがここ2戦は連勝。

しかも2戦共に強い競馬で2勝クラスはアッサリ突破。

ひと夏を超えて明らかに力を付けたのは明白。

スタミナはあるので強力メンバー相手に今回どこまでやれるか?

ザダル

10月9日南W良 馬なり

83.5-68.6-54.1-40.1-12.9[7]

馬なり主体ではあるがこの馬なりの時計をマーク。

自己ベストに迫る好時計を出している。

セントライト記念は重馬場でどうかな?と思いはしたが力でカバー出来た感じ。

良馬場の方が良さを発揮出来るのは間違いないので菊花賞は馬場が良ければ。

この馬ももう一段相手が強くなる1戦でどこまでやれるか注目。

レッドジェニアル

10月9日栗坂良 強め

54.6-39.5-25.3-12.3

一週前は強めで前走以上の時計をマーク。

自己ベストまでとは行かないが目論見通り叩いて良化したと考えて良い。

神戸新聞杯以上のパフォーマンスが期待出来そうだ。

今回は得意の京都へ舞台替わり。

ここでダービー、神戸新聞杯の巻き返しを狙って来るか?

サトノルークス

10月9日栗CW良 馬なり

82.3-66.9-52.5-38.4-12.2[7]

馬なり主体ではあるが前走時並みの好時計をマーク。

状態を維持していると見ていいだろう。

陣営が常々言っている通り完成形にはまだ時間がかかるとの事。

それでもセントライト記念で2着に入った通り春に比べれば力を付けたのは確か。

内枠に入ってラチ沿いを活かせる競馬が出来れば面白いかも。

ただし鞍上は福永なので内枠がプラスかどうかは何とも言えない・・・

と有力馬を中心に一週前追い切りについて分析してみました。

さてさて。

今年の菊花賞はどこから入りますか???

実績断然のヴェロックス?

それとも距離が伸びて逆転候補のワールドプレミア?

もしくは穴馬から一発狙って行くのか?

この年齢で3000mは余りにも未知数なので距離に関しては正直何とも言えない所ですよね~。

それこそ昨年の菊花賞のように残り400m頃までほぼ競馬をせずに回るだけ。

そして4コーナーから直線のみの勝負で終わってしまう。

メンバーがメンバーなだけに難解な1戦となりました。

個人的には一発狙って行きたいと思っております。

秋華賞が不発に終わった分菊花賞でキッチリ回収して行く。

枠と天気次第ですがほぼ揺るぎない軸で攻める。

それでは一週前追い切りで注目の1頭をランキングの方で紹介しておきます。

注目馬 人気ブログランキングへ

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━
最先端の情報分析で菊花賞を丸裸にする!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

得意分野を追求した予想のプロ集団!

究極の情報を無料公開!!

【菊花賞】

更に、只今ご登録頂くと、

土曜・日曜(各一鞍)厳選された
『3連単+3連複』情報を
毎週末・完全無料【¥0円】でご提供。

>>無料予想を受取る<<

※お早目にご登録ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドでは、最終精査部門は
外部の予想師/専門家と契約!

その徹底したコンセプトにより実現した
次世代型「複合投資競馬」 を実感下さい。

投資競馬が特化しているのは資金を増やし

上のランクで生活する事です。

チャンスは今週の菊花賞。

当サイトの無料情報をぜひ体感下さい。

これ以上は言いません。

チャンスは今週の菊花賞のみです。

無料情報の精度を一度体感してみて下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■近走的中実績の一部がこちら!
10/08・浦和09R     139万8900円的中
09/29・中山01R     19万4500円的中
09/24・船橋02R     93万600円的中
09/16・中山01R     211万600円的中
09/08・中山03R     48万9700円的中
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の勝負レースは【菊花賞】

▼ハイブリッド 無料登録はこちら▼

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】