【セントライト記念2019】予想|中山2200で狙いたいのはこの馬だ!

セントライト記念2019の最終予想について書いて行きます。

ローズSに比べ荒れる余地があるとすればセントライト記念の方が濃厚。

今年の3歳牡馬路線はロジャーバローズが離脱し様相が変わって来た印象を受けます。

前日段階のオッズではルヴォルグ、ザダル、リオンリオン、ニシノデイジー、オセアグレイトが人気になっている模様。

舞台は中山2200という非根幹距離での1戦であり春の実績馬と言えばダービー5着のニシノデイジーくらいしかいない。

おそらく人気通りの決着になるようなレースではなく一発の魅力十分の1戦だ。

3連休の最終日はこのレースをバッチリ嵌めて勝ち切りたい所。

近年のセントライト記念は堅い決着が多い傾向があるが今年の場合は一筋縄ではいかないだろう。

その理由として直近3年の結果は以下の通りだ。

【2018年】

1着4番人気ジェネラーレウーノ
2着1番人気レイエンダ
3着6番人気グレイル

【2017年】

1着2番人気ミッキースワロー
2着1番人気アルアイン
3着3番人気サトノクロニクル

【2016年】

1着1番人気ディーマジェスティ
2着2番人気ゼーヴィント
3着3番人気プロディガルサン

このような結果になっているのですが各年ともに春に結果を出している馬or夏の上り馬がハッキリしていた傾向にある。

しかし2019年はおそらく同世代トップクラスのダノンキングリー、ヴェロックス、サートゥルナーリアがことごとくこのレースを選ばなかった。

上記の馬達はおそらく神戸新聞杯から菊花賞を目指すローテーションになる可能性が高い。

今年の場合、例年に比べてセントライト記念と神戸新聞杯のレースレベルに差が生じそうだ。

【100%保証対象です】

注意書きはあるのでサイト(SWITCH)をまず確認してほしいですが、もしSWITCHからの情報を利用して、指定期間内に利益未獲得となった場合は”全額保証対応”する!

ということだそうです…。

こんな自信、かつて見たことありますか?

競馬情報サイトはかなりの数ありますがここまで自信をもって情報を出しているサイトは他にないといってもいいでしょう。

この機会に今まで信じていた情報を見直す必要がある!

と私は考えます。

実際、近走も帯封決着をはじめ数々の高額配当を出しているからこそ、この言葉にも更に信憑性が湧くというものです。

なんにせよ、無料で入会できるメリットそして、情報で利益未獲得となった場合は100%全額保証なのでこれは登録しない意味がわかりませんね(笑)

恐らくこの先SWITCHが競馬情報サイトを引っ張っていくんだろうなと思いますし、この機会に是非体感してみてはいかがでしょうか?

ご興味ある方は以下のリンクから無料登録をしてみてください。

⇒ 無料会員登録ページ
※メールアドレスのみの簡単無料登録で完了です!

【セントライト記念の予想を無料提供】

レベルが下がったセントライト記念に今年の出走馬は18頭のフルゲート。

おそらくどこの陣営も今年の混戦模様ならと色気を持った結果がこの頭数になったと思われる。

前日段階のオッズの通り当日も相当オッズが割れそうなので高配当を狙える1戦になるのではないだろうか?

そこで有力馬分析の方へ行きたいと思います。

ザダル

3連勝中でこのレースから菊花賞を目指す事になる。

春は王道路線に全く参加出来ていなかった馬ですがまだ底を見せていない魅力は十分で2走前中山、前走東京と全く求められる条件が違う中、時計にも対応出来た事は大きな収穫と見て良いだろう。

特に距離は伸びて良い馬だと思えるし2走前中山のレースから長く良い脚を使えるのは証明済み。

中山2200はこういうタイプが好走する舞台でもある。

適正は高いと思われる1戦なので後は相手関係だけが課題。

調整の緩さも気になる所ではある。

ルヴォルグ

大寒桜賞ではリオンリオンの2着と言う結果でしたがあの1戦はリオンリオンが楽逃げし過ぎた1戦でした。

おそらくこの2頭に大きな力差は無いハズ。

この馬自身も前走札幌の1勝クラスでは相手が弱いという点もあるが力は違った印象。

距離は伸びた方が良い馬だと思える点と長く良い脚を使える点はこのレース向きだと言える。

ここで本番に騎乗出来ないであろうルメールを確保し菊花賞に向けて賞金を獲得するにはもはやここしかない。

前走札幌2000という条件を使ったのもあくまでもここが目標だと逆算出来る。

条件がバッチリ嵌りそうなここは好走必至か。

リオンリオン

ダービーでの逃げは暴走気味で1000m通過57秒8なら息切れしても仕方ない。

ここで鞍上が横山典に戻るのは大きなプラス要素。

やはり息子より父の方が圧倒的に逃げのペースは読める。

水仙賞で中山2200をこなしている点もプラス要素ではあるが青葉賞、大寒桜賞共に余りにも楽に逃げさせて貰った点は否めなく、今の時計が速い中山で同様の競馬が出来るか微妙な所。

2000mの持ち時計も決して速い訳ではない上に中山の坂で加速出来るタイプでもない。

脆さも兼ね備えている点は人気で買うのにはリスクが高い。

ニシノデイジー

この馬が最も高いパフォーマンスを発揮したと思われるのがおそらく東スポ杯2歳S。

瞬発力勝負に強い馬という印象はあるが今回のように長く良い脚を使う舞台となれば話は別。

皐月賞で全く流れについて行けなかったように高速中山という条件は決してプラスには働かないのではないだろうか?

求められる舞台が一瞬の脚を使うようなレースに適正が高く今回のような流れの中で脚を使う舞台は得意ではないだろう。

今回は厳しい1戦になっても全く驚かない。

オセアグレイト

3連勝しこの舞台へ。

東京2400から福島2600での連勝でスタミナ豊富な点を印象付けた。

スタミナはあるが切れるタイプではなく「捲りでスタミナ勝負」に持ち込めるかどうかが重要。

時計の掛かる馬場は得意としているが高速馬場だと時計への対応が最大のカギになる。

56キロでこのメンバーだと見劣る面は否めなくここまでの人気になるか?という印象だ。

好走するなら捲り勝負に出るしかないのでは?

上記の通り有力馬には各々特徴があり中山2200がバッチリ嵌ると言える馬は少ない。

おそらくルヴォルグorザダルくらいしかいないと思うので当然ながら盲点になっている馬の好走があってもおかしくないレースだ。

そこで上記馬以外で今回の条件が嵌りそうな馬を↓に書いておきます。

サトノルークス

シークレットラン

メイショウテンゲン

エングレーバー

タガノディアマンテ

ランフォザローゼス

上記の馬達はおそらく中山2200で好走可能な馬です。

後は仕上げがどこまでか?

展開はどうなるか?

この辺りが予想のポイントになるでしょう。

その中で今回最も狙ってみたい1頭をランキングの方で紹介します。

注目馬 人気ブログランキングへ

根拠は色々とあるのですがおそらくこの条件なら過去に対戦した人気所を逆転出来るのではないだろうか?と考えております。

元馬主、元厩務員、元騎手、元調教師、現役トラックマン

など、数々の情報元と独自の繋がりを持っており

新聞やテレビでは公開されない

本物の裏情報を基に的中を狙っていく。

今週も裏情報を基に的中を狙っていきます。

当然、登録頂いた方には今週から稼いで頂きます。

無料登録はこちら!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【先週も万馬券越えの馬券を多数的中!】

◆9月8日 中山11R

「京成杯AH」

3連複:軸1頭流し
軸馬:11
相手:1-2-4-5-8-10

<結果:2-10-11 >

獲得金額:390,700円

このような的中が数多く出るのですから
人気が出るのも納得の話ですよね。

あなたもキメルケイバを使って

「的中の虜」になってみませんか!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週はどうやらセントライト記念の情報を公開!

キメルケイバを利用しないと
正直損することもあるかもですよ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://kimerukeiba.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【この機会に是非体感してみてください!】

無料登録>> こちらをクリック!

ソーシャル

【お知らせ】

なお、無料メルマガではブログでは書ききれない平場メイチ予想やってます!

もちろん無料でご利用できるのでお気軽に登録よろしくです!(^^)

登録は⇒ 無料メルマガ登録はコチラ


ツイッターもやってます!ツイッターではブログ更新情報お知らせしてます!

登録は⇒ ツイッター登録はコチラ


【FBも良かったらいいね!ヨロです!】