【中山金杯&京都金杯2021】予想|有力出走馬分析など

中山金杯&京都金杯2021予想と有力出走馬分析の記事です。

皆様明けましておめでとうございます!

ブログの方はかなり久しぶりの更新となりましたが個人Twitter等で競馬予想はつぶやいたりしており、2020年後半戦はかなり好成績を残せた結果となりました!

チャンピオンズカップの3連複大万馬券や有馬記念馬連万馬券を獲れた事が大きかった。

昨年は特にG1予想の成績が良く2021年は更に良い成績を残して行けるよう頑張ります。

という事で本題は明日の中山&京都金杯。

とはいえ今年の京都金杯は中京で行われるというかなり変則的な開催となりました。

これが過去の京都金杯と大きな違いになるのは間違いありません。

阪神ならまだしもよりによって中京で行われるので過去データ等は全く役に立たない。

だからこそ適性や力関係を見抜いてバッチリ当てたいレース。

それでは枠順確定後の見解へ行きたいと思います。

“【中山金杯&京都金杯2021】予想|有力出走馬分析など” の続きを読む

【天皇賞・秋2020】予想|鉄板じゃないアーモンドアイ

天皇賞・秋2020の予想を中心とした記事です。

今年の天皇賞・秋は少頭数ながら、かなり濃いメンツになった印象を受けます。

当然ながら圧倒的1番人気はアーモンドアイ。

おそらく逆転候補として筆頭に挙がるのはクロノジェネシス。

両馬共に強い。

それは間違いありません。

更に外厩仕上げの休養明けの成績が両馬共に抜群の成績を収めております。

しかし、牡馬勢もフィエールマン始めキセキ、ブラストワンピース、ダノンプレミアム、ダノンキングリー等、好メンバーでの1戦となりました。

少なからず言えているのは昨年よりもハイレベルである事。

ここは念頭に置いてしっかり予想して行こうと思います。

それでは有力各馬の分析の方へ行きたいと思います。

“【天皇賞・秋2020】予想|鉄板じゃないアーモンドアイ” の続きを読む

【秋華賞2020】予想|ここは譲れないデアリングタクト

秋華賞2020の予想記事です。

今年の秋華賞は何と言ってもデアリングタクト。

ここまで4戦無敗ながら条件替わりもなんのその。

常に上り3ハロン最速をマークし秋緒戦はぶっつけで秋華賞を狙って来ました。

女王の風格という所か。

多くの競走馬は少なからず得手不得手というものがありますが、

デアリングタクトの場合オークスでそれをも払拭した感じ。

フォトパドックを見た限りでも仕上がりに抜かりは無さそうで

同馬を外して2020年の秋華賞で的中を狙うのはほぼ自殺行為。

しかし、この世代牝馬は他がほぼ横並びと言っても良いだろう。

紫苑S、ローズS共に紐荒れした事がそれを示していると思う。

予想オッズを見た限りでは紐荒れの可能性十分と思える1戦になった。

そこで注目馬を中心に分析記事を書いて行こうと思います。

“【秋華賞2020】予想|ここは譲れないデアリングタクト” の続きを読む

【サマーチャンピオン2020】予想|最終結論と買い目を公開中

サマーチャンピオン2020の予想を書いていきます。

先日行われたクラスターカップは◎マテラスカイ〇ヒロシゲゴールドで堅い決着ながら▲ブルドッグボスまで的中。

今年のサマーチャンピオンはコパノキッキング、ヤマニンアンプリメが出走する事で

クラスターカップの結果に近いものになるのでは?と考えています。

地方からはキャプテンハウテン、ナムラムートが連勝中ですが果たして?

各馬の分析と最終的な買い目まで公開します。

サマーチャンピオン2020出走馬分析

コロナ禍の影響で外出しにくい今年のお盆。

それに加え梅雨明けから関東は猛烈な暑さ。

外出する機会も必然的に減り、やることと言えば地方競馬、競艇、競輪・・・

下手すると大やけどになりそうなのでチビチビと遊んでいますが、どれもこれもまあ難しい。

競艇なんて6号艇までしかないのに、これで当たらなければ競馬なんて当たる訳がないとか思いつつ・・・

まあ当たらない(笑)

全ては買い方次第なんだろうけど。

それに比べ交流重賞は比較的当てやすいレースでもある。

後は資金配分を上手く振り分けるだけ。

それでは予想の方へ行きたいと思います。

 

コパノキッキング
以前は大味な競馬が多かったイメージだが近走は行き脚がつき好位を取れるのが強み。
近走スタートも良く先団に取り付けるのは佐賀1400という条件にも合いそう。
前走こそ崩れたが右回り大井よりも、もっと機動力を活かせる競馬場の方が合うイメージがある。
特に2走前根岸Sの内容が秀逸で鞍上マーフィーとも手が合った印象。
それを考慮すると武豊とも手が合うのではないだろうか?
ヤマニンアンプリメの事は武豊が熟知しているのは間違いないし
内ヤマニンアンプリメを見ながら競馬を進めれば必然的に上位争いに加わってくるだろう。
58.5キロでも大崩れするイメージは沸かない。

 

ヤマニンアンプリメ
プロキオンSでは休養明け牡馬混合の1戦で3着という結果だった。
特に1,2着、4着馬が差しで同馬は先行して3着。
前に行った馬たちが軒並み差し馬に飲まれた展開を考慮すると負けて強しと考えていいだろう。
牝馬で56キロを背負いあの結果なら地力はこのクラスで上。
地方競馬の1400では崩れておらず舞台適正の高さも強み。
佐賀競馬場を熟知している川田なら相手をコパノキッキングに絞り勝負して来るハズ。
逆転する可能性は十分考えられるので逆転候補はまずこの馬だろう。

 

サヴィ
前走でオープンを勝利し今回2度目の重賞挑戦となる1戦。
天保山Sでは5番人気で◎にし的中させてくれた馬だが、前走は不良馬場も味方した印象。
そう、あのレースで同馬は「不良馬場での理論馬」だった。
同馬の扱いが馬券の肝になりそうだがポイントは2走前。
58キロダイメイフジ、テーオージーニアスにぶっちぎられており
現状の力に関してはまだ疑問が残る所。
試金石の1戦なのは間違いないが上記2頭を相手に56キロはやや背負わされたイメージ。
過大評価は禁物か。

 

ヒラソール
前走サヴィに0.2秒差の3着。
しかし、あの馬場ではサヴィに勝る時計を出すのは至難の業だろう。
今回も馬場状態が肝になると思うが良馬場ならサヴィへの逆転は可能。
1キロ差のハンデも味方になるだろう。
特に右回りでここ8戦安定した成績を残しているのも強み。
コーナーだらけの札幌に適応出来ているのも佐賀競馬場に合いそうだ。
ただし差し一手というタイプでもあるので先行馬が垂れるのが条件。
頭までというタイプではないので2、3着付けの馬券が面白い。

 

メイショウテンスイ
今回唯一の3歳馬。よってハンデ53キロと恵まれた印象を受ける。
前走で3勝クラスを勝ちこのレースをチョイス。
気のいい馬でスタート良く先行出来るのは佐賀の一周競馬も合いそうなイメージ。
今回は斤量の影響で上位人気の支持を受けそうだが、ここ2戦に比べ相手関係はグッと強くなる。
特に大阪スポーツ杯はハンデ戦かつ不良馬場の恩恵もあった1戦での勝利。
コパノキッキングやヤマニンアンプリメ等のダート一線級と走るのは今回が初。
タイプ的に条件は合いそうだが2,3走前のように終いが甘くなる点もあり、
特に交流重賞で分断競馬になればJRAの強力馬に早々に被される可能性もある。
総合的に判断し、現状では勝ち負けまで持ち込む力が今回のメンバーだと足りない印象だ。

 

<地方馬の分析>
2,3,4,8,9は単純に厳しいと思う。
キャプテンハウテン、ナムラムートを馬券に絡めるか、絡めないかで点数が変わる。
両馬ともにJRAで走っていた馬だが、中央の実績を考えると今回は厳しいという結論を出した。
よって実質JRA5頭の決着になると決め打ちする。

 

60日間全額保証をしてくれるサイトがあります!

こんなサイト今までに見た事ありますか!?

今、多数の競馬予想サイトで溢れ返っていますがその中でも

「本物の価値ある情報」がここにはあります。

  • 本物の人材を確保
  • 独自のデータマイニング
  • メディアでは取り扱わない情報

などなど本格予想でお客様に満足を与えるこのサイト。

その結果・・・リピーター率90%越え!を記録!

先日のアイビスSDも高額配当の的中と2週連続の的中で今週も期待すべきところです!

正直このサイトを登録できる日は二度とないのでは?そんな風に思っておりました。

ちなみに、近走の的中結果がこちら!

さらに!先日のアイビスSDを攻略したときの的中がこちら!

ちなみに、今週は「関屋記念」を無料で公開することが決定しております!

会員登録後、厳選買い目情報が送られてきますので週末が楽しみで仕方ないですよこれは!

しかも、今週だけではなく、今登録すれば毎週無料で勝負レースの買い目情報が送られてきますので、登録しないほうが損しているといえるサイトです!

登録は以下のバナーから!メールアドレスを登録するだけで個人情報も問われませんので安心してお使いください!

 

という事で前日段階ですが買い目を決めました。

波乱度は非常に低い1戦だと思いますが買い方次第ではプラス収支に持ち込めそうだと思います。

出走馬の力差が比較的ハッキリしている1戦だと思うので勝負したいですね。

良馬場なら以下の買い目で勝負します!

買い目はコチラ 人気ブログランキングへ

 

 

 

【エルムステークス2020】予想|最終追い切り後の見解

エルムステークス2020の予想と最終追い切り後の見解についての記事です。
今週はダートの重賞が2レース行われますが札幌で行われるのがエルムステークス。
予想オッズの段階では前哨戦を快勝したタイムフライヤーが1番人気になりそう。
続く人気は1年ぶりの実践で重賞2着の結果を出したエアスピネル。
かなりレース間隔が開いた1戦でしたが地力を示した結果になりましたね。
両馬ともにオープンやG3では力が違うぞと言わんばかりの結果だったと思います。
札幌は滞在競馬なので久しぶりに最終追い切りについて記事を書こうと思いました。
理論についても考えながらの最終結論になるとは思いますが
まずは札幌の追い切りで注目するべき馬はいるのか?
見ていきたいと思います。

“【エルムステークス2020】予想|最終追い切り後の見解” の続きを読む

【アイビスサマーダッシュ2020】予想|枠順確定後の推奨理論馬

アイビスサマーダッシュ2020予想と枠順確定後の理論馬等についての記事です。

前日段階では予想通りライオンボスが1番人気になっています。

そして新潟1000直得意なジョーカナチャンが2番人気。

3番人気以下はやや離されたオッズになっております。

夏競馬の名物とも言える1戦。

当然ながら枠順も重要なレースですから、この枠順から穴馬を見つけて行きたい所。

今年のアイビスSDで好走するのは一体どの馬になるのか?

見て行きたいと思います。

“【アイビスサマーダッシュ2020】予想|枠順確定後の推奨理論馬” の続きを読む

【函館記念2020】予想|有力出走馬分析や3ハロン理論馬分析など

函館記念2020の予想を中心とした記事です。

予想オッズの段階では1番人気想定がレイエンダという1戦。

近走不甲斐ない競馬が続いているレイエンダですが

鞍上ルメール含め上位人気に推される事は間違いないでしょう。

同馬も函館2000で1勝しているように決して条件は悪くない。

巻き返しの1戦になるのか?

注目のレースだと思います。

七夕賞も伏兵がかなり多いレースでしたがこちらも負けていない。

曲者が多いな、という印象を受けます。

まずは上位人気に推されそうな馬の分析をして行きましょう。

“【函館記念2020】予想|有力出走馬分析や3ハロン理論馬分析など” の続きを読む

【ラジオNIKKEI賞2020】予想|有力馬分析と理論馬など

ラジオNIKKEI賞2020の予想記事です。

このブログは僕が数年競馬予想ブログを運営して来た中で最も根拠のある予想に辿り着いた予想法を元に書いております。

その予想法とは当該コースにおける相対的に前半3ハロン後半3ハロンに使える脚を重視するという予想です。

競馬予想ファクターは沢山あります。

血統、調教や追い切り、外厩、馬場や展開面を重視。

どれもこれも間違いじゃありません。

しかしこのコースでどの馬が最も優れた【脚】を使えるのか?

これを最も重視した予想ファクターはあまり見かけない。

しかしこれが相当重要であると僕は気付きました。

ラジオNIKKEI賞が行われるのは福島芝1800m

今年の出走馬の中でこのコースにて最も優れた脚を使えるのはどの馬なのか?

考えて行きたいと思います。

“【ラジオNIKKEI賞2020】予想|有力馬分析と理論馬など” の続きを読む

【エプソムカップ2020】予想|3ハロン理論から導く有力馬

エプソムカップ2020の予想記事です。

このブログは僕が数年競馬予想ブログを運営して来た中で最も根拠のある予想に辿り着いた予想法を元に書いております。

その予想法とは当該コースにおける相対的に前半3ハロン後半3ハロンに使える脚を重視するという予想です。

競馬予想ファクターは沢山あります。

血統、調教や追い切り、外厩、馬場や展開面を重視。

どれもこれも間違いじゃありません。

しかしこのコースでどの馬が最も優れた【脚】を使えるのか?

これを最も重視した予想ファクターはあまり見かけない。

しかしこれが相当重要であると僕は気付きました。

エプソムカップが行われるのは東京芝1800m

今年の出走馬の中でこのコースにて最も優れた脚を使えるのはどの馬なのか?

考えて行きたいと思います。

“【エプソムカップ2020】予想|3ハロン理論から導く有力馬” の続きを読む

【安田記念2020】予想|3ハロン理論から導く有力馬分析

安田記念2020の予想記事です。

このブログは僕が数年競馬予想ブログを運営して来た中で最も根拠のある予想に辿り着いた予想法を元に書いております。

その予想法とは当該コースにおける相対的に前半3ハロン後半3ハロンに使える脚を重視するという予想です。

競馬予想ファクターは沢山あります。

血統、調教や追い切り、外厩、馬場や展開面を重視。

どれもこれも間違いじゃありません。

しかしこのコースでどの馬が最も優れた【脚】を使えるのか?

これを最も重視した予想ファクターはあまり見かけない。

しかしこれが相当重要であると僕は気付きました。

安田記念が行われるのは東京芝1600m

今年の出走馬の中でこのコースにて最も優れた脚を使えるのはどの馬なのか?

考えて行きたいと思います。

“【安田記念2020】予想|3ハロン理論から導く有力馬分析” の続きを読む

【日本ダービー2020】予想|※5月30日(土)更新穴馬や結論です

日本ダービー2020の予想記事です。

このブログは僕が数年競馬予想ブログを運営して来た中で最も根拠のある予想に辿り着いた予想法を元に書いております。

その予想法とは当該コースにおける相対的に前半3ハロン後半3ハロンに使える脚を重視するという予想です。

競馬予想ファクターは沢山あります。

血統、調教や追い切り、外厩、馬場や展開面を重視。

どれもこれも間違いじゃありません。

しかしこのコースでどの馬が最も優れた【脚】を使えるのか?

これを最も重視した予想ファクターはあまり見かけない。

しかしこれが相当重要であると僕は気付きました。

日本ダービーが行われるのは東京芝2400m

今年の出走馬の中でこのコースにて最も優れた脚を使えるのはどの馬なのか?

考えて行きたいと思います。

“【日本ダービー2020】予想|※5月30日(土)更新穴馬や結論です” の続きを読む

【オークス2020】予想|高速馬場対応可能な馬が上位台頭する

オークス2020の予想記事です。

このブログは僕が数年競馬予想ブログを運営して来た中で最も根拠のある予想に辿り着いた予想法を元に書いております。

その予想法とは当該コースにおける相対的に前半3ハロン後半3ハロンに使える脚を重視するという予想です。

競馬予想ファクターは沢山あります。

血統、調教や追い切り、外厩、馬場や展開面を重視。

どれもこれも間違いじゃありません。

しかしこのコースでどの馬が最も優れた【脚】を使えるのか?

これを最も重視した予想ファクターはあまり見かけない。

しかしこれが相当重要であると僕は気付きました。

オークスが行われるのは東京芝2400m

今年の出走馬の中でこのコースにて最も優れた脚を使えるのはどの馬なのか?

考えて行きたいと思います。

“【オークス2020】予想|高速馬場対応可能な馬が上位台頭する” の続きを読む

【ヴィクトリアマイル2020】予想|3ハロン理論から導く有力馬

ヴィクトリアマイル2020の予想記事です。

このブログは僕が数年競馬予想ブログを運営して来た中で最も根拠のある予想に辿り着いた予想法を元に書いております。

その予想法とは当該コースにおける相対的に前半3ハロン後半3ハロンに使える脚を重視するという予想です。

競馬予想ファクターは沢山あります。

血統、調教や追い切り、外厩、馬場や展開面を重視。

どれもこれも間違いじゃありません。

しかしこのコースでどの馬が最も優れた【脚】を使えるのか?

これを最も重視した予想ファクターはあまり見かけない。

しかしこれが相当重要であると僕は気付きました。

ヴィクトリアマイルが行われるのは東京芝1600m

今年の出走馬の中でこのコースにて最も優れた脚を使えるのはどの馬なのか?

考えて行きたいと思います。

“【ヴィクトリアマイル2020】予想|3ハロン理論から導く有力馬” の続きを読む

【京王杯スプリングC2020】予想|3ハロン理論における狙い馬

京王杯スプリングC2020の予想記事です。

このブログは僕が数年競馬予想ブログを運営して来た中で最も根拠のある予想に辿り着いた予想法を元に書いております。

その予想法とは当該コースにおける相対的に前半3ハロン後半3ハロンに使える脚を重視するという予想です。

競馬予想ファクターは沢山あります。

血統、調教や追い切り、外厩、馬場や展開面を重視。

どれもこれも間違いじゃありません。

しかしこのコースでどの馬が最も優れた【脚】を使えるのか?

これを最も重視した予想ファクターはあまり見かけない。

しかしこれが相当重要であると僕は気付きました。

京王杯スプリングCが行われるのは東京芝1400m

今年の出走馬の中でこのコースにて最も優れた脚を使えるのはどの馬なのか?

考えて行きたいと思います。

“【京王杯スプリングC2020】予想|3ハロン理論における狙い馬” の続きを読む